うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬と暮らす

先日のブログではつい私の本音を叫んだ


『REX、あんたを飼えるのは世界中で私しかいないわよ』


普段は心にしまっている言葉 でも本音

ところが私だけでなく同じ思いで毎日お世話する人が大勢いた
温かいコメントやメッセージ、ありがとうございました<(_ _)>


IMG_2229.jpg


昨日TVで処分される犬を救うための番組をやっていた
どんな理由で棄てる選択をするのかはわからない
飼い始める動機は簡単、楽しい生活が待っている、
可愛いワンコと一緒なら毎日がハッピー、きっと単純なもの
私もその1人

結婚前、実家の犬は両親が飼っていたので何の世話もしなかったけれど
特に困ったこともなく現在REXと同じ年の柴犬が6代目のワンコになっている
それが普通に犬との生活だと思っていた
(夫の実家も犬を飼い全く同じ状況、夫も動物好きで獣医大を受験、合格したものの
それとは全く違う道を選択し今に至る)

だから私達は自然に環境さえ整えば犬を飼うのは当たり前
また娘が犬大好きだという事もあり
2000年3月末にREXが生後3か月で我が家にやってくる

今年のクリスマスイブで15才になるREX
実家の犬達とは全く違うとてつもなく手のかかる子
トイレが覚えられず完全にマスターしたのは1歳半
その頃の私の頭の中はトイレトレーニングで常に支配された
同時進行で息子2才のトイレトレーニングも重なった(笑)

その後は椎間板ヘルニア他の病気にもなり医療費は想像を超える
自分自身を噛みつく自傷行為によりシッポも断尾

問題があるたびに頭の中はそのことでいっぱいになり
バッチフラワーレメディを試したり、訓練士さんに相談したり
運動不足解消にとランで走らせたり
それでも悩みはつきず・・・

結局、自分を責める
飼い主として何か自分に足りないものがあるからではないか
私に力がないからこの子をこんな目にあわせているのではないか


私の精神状態がギリギリになった時
夫は私を心配し安楽死を口にした
毎日の圧迫排尿は絶対にしなければならない、
それなのにイライラしているREXを触るのも怖いくらい気が立っている、
お世話してあげたいのに素直に受け入れてくれない、そして噛む
尿が出せない・・・・・・
このままでは尿毒症になってしまう
何とかケージに入れて獣医さんへ車を走らせ圧迫してもらう事も数回
(獣医さんではおとなしい)
そんな事があっての夫の言葉だった

つらい、どうしようもなくつらい
でも逃げられない 私が何とかしなければならない
大きな壁が立ちふさがっているようで泣けてくる

でも、安楽死、それだけは絶対にできない
それをしたらどれだけの後悔と自分を責めなければならなくなるだろうと
今の苦しみより安楽死させたあとの苦しみの方が恐ろしかった

ここまで頑張った
途中でこの子を手放したら今までの私の頑張ってきたことは
何だったのかわからなくなる
結局「ママ、ママ」 と私を一番好きでいてくれるから
最後の最後まで頑張るからね

飼う前に想像していた犬との暮らしとは全く違っていたけれど
きっと意味があってREXはここに来たんだと思う

だから最初に書いた犬を棄てる人がいるって現実が許せない
何が不満?何か障害があった?乗り越えられなかった?
棄てる行為をしてその後あなたの気持ちは平気でいられるの?
他に方法はなかったの?
せめて里親を探して別の幸せな家庭を探す努力してほしい


数時間おきの圧迫排尿、制限される生活、
やりたいことがあっても時間を考えると諦めることも多い
1日、いえ欲を言えば2日間、何の心配もなく自由にできるなら
私は何をしたい?
せっかくだから豪華温泉旅行?(笑)
いやいや、やっぱりREXが心配でそれはできない
だから一緒にいる 
どこでも連れていけるなら連れて行く

たまに考える事がある
もう15才近いのでいつかその日が、、、も覚悟しておかねばならない
きっと悲しい、それは当然
けれどもしかしたら心のものすごく端っこに解放されホッとする気持ちもあるのか?と
思う時もある
失う悲しみ、毎日の日課がなくなる喪失感 その方が大きいのが当たり前
きっとそう書かなければ反感をかうのかもしれない
実際はそうなってないのでわからない
でも毎日休みなく頑張っている人がホッとするのかな?ってちょっと
思うのはダメかな?
そうやってきっととてつもない悲しみが襲ってくるのを事前察知して
紛らわせようとする防衛的なものかもしれないから

その時になってあの頃想像でバカな事いろいろ書いていたっけと泣き笑いするのかな
何があっても大切な存在であり、最期の最期には「ありがとう」と言いたい


前足の踏ん張りが少し弱くなってきたけどまだ一緒にお出かけはできる
楽しい思い出を作れるようにこの秋のお出かけ計画を立てよう

いつも一緒にいるのは私しかいないから

ねぇ、REX 





          励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

       にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


               人気ブログランキングへ
関連記事

| 管理人のつぶやき | 05:41 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うちも椎間板ヘルニアになり毎日圧迫排尿をし膀胱炎にもなり肝臓も悪くなり心配はつきません。幸いおしっこも自分で垂れる事は出来るので2~3日なら家族に頼んで留守にできます。でももし自分で出せなかったら何処にも行けないです。認知症で夜中徘徊する様になったら僕が潰れてしまうかも。人間同様ペットも介護は本当に大変やし経験した人しか分からない辛さがあると思います。実際安楽死はとどまられたけど、でも気持ちは責められないです。それだけしんどくて辛い事を経験されてると思います。圧迫排尿もたまに指が痛くて辛い時もあると思いますが頑張って下さい。僕より先輩なんで僕がアドバイス出来る事は少ないですがもし分かる事があれば教えられるのでまた聞いて下さいね。犬に手をあげるのはダメですがどちらが主人か教える為に叩かずに戦いましょう。難しいけどね、革の手袋とか噛まれても大丈夫なのを付けて。

| まさき | 2014/10/15 19:02 | URL |

ホントね、ポチャコさんしか世話できませんよね。
REXクンも分かっちゃいるけど、、、、ですよ。
うちのエルも、育たないといわれ安楽死をしたほうがと言われた命ですが、赤ちゃんのときだった、段だんらくになっていったという点では介護の飼い主さんとは格段に大変さが違いましたね。
REXくん、まだまだママにお世話させてあげてね~~

| エルママ | 2014/10/15 22:18 | URL |

ポチャコさんが どれだけれっくんを大切に愛おしく思っているのか ひしひしと伝わってきました。

またまた 泣けました~

毎日毎日のお世話は ほんとうに ポチャコさんじゃないと
できませんよ。
いつも お手本にさせてもらっています。

前足の踏ん張りが少し弱くなってると。。
年齢からいえば そうなのでしょうね。。
でもでも まだまだ。
ガブってくるほど 元気。
たまには そういう時もあるって
元気 元気な証拠。

ごめんなさい 痛い思いをしたポチャコさんに
こんなコメントしてしまって。。

れっくんには ずっとずっと元気でいてもらわないと。
もちろん れおんもずっとずっと。です。


| れおん | 2014/10/15 23:00 | URL |

ポチャコさん こんばんは!久しぶりですが、いつもブログ拝見させて頂いています。
うちのチョコも、5才の時から圧迫排尿してきて 今日でちょうど12才になりました!
この間ずっと、仕事のお昼休みには みんなと交わることもなく すっ飛んで帰り 圧迫…。仕事終わればまたすっ飛んで帰り…の毎日です。
ほんと、いろいろと制限されてしまいます・・・

でも、この子がいなくなったら…なんてまだ考えられないです。

今年は、私の入院やら 父の死など重なり、その時は病院で預かってもらいチョコにとっても試練だったと思います。
ストレスからか、肝臓の数値も 炎症反応の数値もかなり上がってしまい、ずっとグッタリしていました。
今は元気にしていますが、鼻の緑膿菌だけに悩まされています…(x_x;)

いろんなことがありますが、まだまだずっと一緒にいたいですよね‼️
頑張りましょうね(・∀・)!!

| chocohimi | 2014/10/16 00:16 | URL | ≫ EDIT

☆鍵コメ Rママさん

励ましのメッセージ、ありがとうございます<(_ _)>
とっても嬉しいです。
いよいよになったら獣医さんを頼る事になると思います。
できる所まで私が・・・これが無理の元なんでしょうね。

膀胱炎、薬剤感受性検査をしてから薬を特定すると
治りは早いのがハッキリわかりました。
半年以上悩んだ膀胱炎なのに治ったらもう4か月以上再発してません。
今は膀胱アトニーが進行しているようで圧迫しにくくなってます。
Rママさんも長いお世話にになってますね。
大変だけどお互いに頑張りましょう。

| ポチャコ | 2014/10/17 04:59 | URL | ≫ EDIT

☆鍵コメ Bママさん

はじめましてのメッセージ、ありがとうございました。
メルアドが書かれていましたのでそちらにお返事差し上げました。

「今日できることは必ず今日しよう」

の言葉、とっても心に響きました。

病気の子と暮らすのはいろいろ気も遣いますが
家族の絆も深めますね。
これからもどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

| ポチャコ | 2014/10/17 05:06 | URL | ≫ EDIT

☆まさきさん

まさきさんも圧迫しているんですね。
REXも膀胱がパンパンいっぱいになると漏れてきます。
そのためにオムツも一応していますが定期的に絞るので
オムツが汚れるまだいっぱいになることはないです。
最初の頃は圧迫せずに漏れた分だけオムツ交換していました。
ただ膀胱炎の心配などあり圧迫するようになり・・・・

犬との上下関係は難しかったです。
幸い2年前に指導してくれたトレーナーさんのおかげで
問題行動がなくりました。
その後は平和な暮らしをしていたんですが、たまたま今回って感じで。
その予兆はありました。何となく感覚でわかっていたその時でした。
決して手は出しませんがその後の私の行動でまたREXは自分の立ち位置を確認したと思います。

体のどこかが悪くなると違う部分にも負担がきて別の場所も悪くなりますね。
どこまで飼い主がフォローできるか。。。。
人間介護と本当に同じくらい大変だと感じます。
伝えたい事がわからないだけ動物の方が難しいかも。
認知症に関してはお友達から「メイペットDC」http://item.rakuten.co.jp/daihukudou/sp-1-0030/
を教えてもらっています。
万が一の時があれば試してみてください。

| ポチャコ | 2014/10/17 05:17 | URL | ≫ EDIT

☆エルママさん

エルちゃん、そうでしたね。
エルママさんだったからあんなにたくさんの経験や楽しみを
味わう事のできる犬生だったんだな~。
そう考えるとスゴイ! 
みんなそれぞれにそこの飼い主の方じゃなければってありますね。
もう可愛いとかそういうのを通り越したものがあるんだと思います。
ラッキー君、ハッピーちゃんも一緒に長生きしようね~

| ポチャコ | 2014/10/17 05:21 | URL | ≫ EDIT

☆れおんさん

あれま、また泣かせちゃいましたか~:(;゙゚'ω゚'):
大丈夫です。なぜか今回のガブはそんなに気持ち落ち込んでません。
反省モードにすぐになったREXだからだと思います。
昔のREXなら
「噛み付いて何が悪いんだ」みたいな態度のまましばらくいましたから(笑)
年をとってだいぶ丸くなったのかも。

確かに微妙に年齢を感じる事は多くなりました。
私も見た目があまり変わらないからREXは永遠にREX、
数年前と変わりなくと思っていても違うんですね。

れおん君も若くはない(ごめんね)けどたくさんの病気になり
大変な経験をして頑張ってますね。
れおんさんも頑張っている、本当に私も元気もらっています。
いつもありがとう~<(_ _)>

| ポチャコ | 2014/10/17 05:27 | URL | ≫ EDIT

☆chocohimiさん

お久しぶりです~~
そして遅くなりましたがチョコちゃん12歳のお誕生日おめでとうございます❤
もう7年間の圧迫ですか・・・
先輩がいる、そしてお昼休みに帰ってっていうのも一緒、
物凄く励まされます。自分だけじゃないって。

chocohimiさん、入院したんですか?
お父さまが亡くなられたんですか?
そんなに大変な事があったのですね。
まさに私もそういう出来事があったらどうしようと思っていました。
やはり獣医さんに預けるしかないけれど、その後のREXの精神的なものを考えると
そんなことはないようにって思っていますが
チョコちゃんはやっぱり体調にきてしまつたんですね。
時間とともに元気になって安心しました。
緑膿菌・・・よくわからないのですが完治できるのかな?
心配のたねはつきませんね。

ゆっくり昼休みも休めないけど今日もchocohimiさんも頑張ってると思って
私も頑張ります~~
(お昼ご飯食べる時間ないですよね(^^ゞ)

| ポチャコ | 2014/10/17 05:34 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://rex19991224.blog118.fc2.com/tb.php/794-38d81c7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。