うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま、でも頑張っているよ、REX17才

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シュン君が旅立ちました

以前エルモさんからいただいた写真、使わせていただきます。
私が好きな写真、笑顔のシュン君

5 (2)

幼なじみのシュン君が8月4日、虹の橋へ旅立ちました。
元気になれ!とエルモさんの懸命の介護もとても大変だったでしょう。
少し前に食事も小さな形のあるものが食べられると聞いたので
このまま回復してくれると信じていました。

でもご家族全員が揃って見守る中、虹の橋へ旅立ってしまいました。
「シュン君、家族がみんないる時を待っていたのね、いい子だね」と
遠くから手を合せました。





シュン君光太郎 そしてREXの3頭は幼なじみ。
光太郎がREXより1か月お兄さん、シュン君がREXより1か月弟な感じの3頭。
私達がワンコを飼いだした1999年~2000年頃、
今のようなブログではなく自分のHPを作ってお友達を増やしたり
メーリングリスト(ML)で繋がってオフ会に参加してました。

エルモさんがシュン君を飼い始めた頃、月令の近いダックスのHPを探していて
見つけたのが私のHPだったそうです。
トイレトレーニングに苦労していた事ばかりの日記や親ばか写真、
そして掲示板だけのHP。
そこから始まった交流は12年以上ずっと続き、
少し前からMLで知り合っていたはむりんさんちのコーギーの光太郎
(おととし秋に虹の橋へ)とシュン君とはよく会ったりしていました。



rex021216d.jpg

2歳前後の頃の写真。左がシュン君、右がREX。
いつもREXはシュン君にしつこくてそれでも怒ることもなく
ウルウルお目目で「ママ、助けて~」とエルモさんを求めてました。
若かった頃はシュン君もREXも病気を抱えながら老後を過ごすなんて
全く想像もしないで楽しく過ごしていました。


こちらは、はむりんさんからリンクを貼らせていただいた懐かしい写真です。

       2002.12 横浜 都筑公園

       2005.11 川崎市 東高根森林公園



これがシュン君に会った最後の去年3月。

031-2.jpg

右からシュン君、真ん中は光太郎の妹分の螢ちゃん、そしてREX。
この時11才のシュン君はランでも他のワンコの輪に少し入れるようになり、
REXはしつこい性格がなくなり、それぞれ年と共に大人になるんだねと
思ったのがついこの間のようです。(その記事



この記事を書きあげるまでかなり時間がかかりました。
なんでこんなに気持ちが重く悲しみがこみ上げてくるのか?
もちろんよく知っているお友達がいなくなってしまった悲しみ、
それはわかっているのです。
飼い主同士何度もランチをしたり犬バカ話で盛り上がったり、
たくさんの悩み事も話し合ったり、だからわが事のようにも
感じてしまうのかな?とも。

でも飼い主であるシュン君のご家族、ことさらエルモさんの悲しみを
考えると、自分の時はどうなってしまうのだろう?という恐ろしさが
襲ってくるのです。光太郎の時もそうでした。
今横にいるREXを見ていると
「幼なじみのみんなは行っちゃったんだよ」
ってつい涙がこみ上げてきてしまいます。


シュン君は光太郎とも会っていろいろ懐かしいこちらでの話を
しているのかもしれません。
あちらの生活の様々な楽しい事を光太郎に教わっているのかもしれません。

REXはまだまだ最後の砦(エルモさんに言われました)で頑張るね。
毎日が本当に大変で昨日の夜も「なんで?」と思わせる事もあるけど
REXにはできる限りの事をします。

シュン君、これからは光太郎と一緒に空の上からREXを見ていてね。
たまには「ポチャコさんを困らせないように!」ってREXに言ってやってね。
それとも「ポチャコさん、もっとREX君の気持ちをわかってあげてください」
って言われちゃうかな?


シュン君、本当によく頑張りました。
本当にありがとう。。。。



励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

| 思い出 | 04:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シュン君

シュン君・・・女の子みたいに可愛いワンちゃんですね~(*^^)v
どこいっても可愛いってみんなに可愛がられたでしょうね♪
きっと今頃もモテモテでしょうね。
シュン君のご家族の気持ち・・・私も19才一緒にいたトムを7月30日に亡くしたばかりなので痛いほどわかりますし、ぽちゃこさんの不安もわかります。バンチもシニアに入り、無菌性肉芽腫で6回も手術し、いつまた次は内臓にできるかもしれない恐怖・・・ふぁ~のヘルニアの再発やアレルギー、脂肪腫の事・・・この子達、本当に長生きできるの?って不安になります。
いつかは来る別れですが想像するだけで泣けてしまいますし・・・その日がきたら想像以上に辛くて覚悟とかできてたはずが全くふっとんでしまう悲しみでした。
1日1日大切に・・・いっぱい話しかけてあげていっぱい楽しい思い出作ろう♪これしかないですね(*^^)v
REX君は・・・本当に我が家のお手本みたいな存在。20才目指してまだまだ頑張ってくださいよ~~~!

| らび | 2012/08/12 17:37 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://rex19991224.blog118.fc2.com/tb.php/574-bf5a3e53

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT