うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

REXの気持ち

去年は1月、10月と2回、アニマルコミュニケーション(AC)を受けました。
1月にREXの気持ちを知ったあとはお互いにとても良い状態で過ごし
REXの気持ちを聞いて本当に良かったと思っていました。

ところが10月初め、ある事が起きました。
それはREXの本気噛み、
その時は圧迫排尿をしようとした時で、急に襲いかかってきました。
少しイライラしているな~とは感じていました。
でも排尿の時間だしとそのままいつものように・・・
すると1度、2度、3度、私の体を次々に噛み
慌ててソファーの上に必死で逃げました。

この事によりまた悩んでしまったのです。
私達の信頼関係はゆるぎないものと思っていただけに
傷の痛みより「なぜ?どうして?」という心の痛みに苦しみました。
REXの気持ちがわからない、この先どうしていけばいいのだろう?
そんな風に悩んだ時に知りたくなるのです、REXの気持ちが。

体の具合はどう?
これからどう接していけばいい?
して欲しい事は何?


悩んでいても日々してあげなければならない事はあります。
怖い、また噛まれたらどうしよう、
私しかこの子の世話ができないのに。
そう考えるとプレッシャーと先々の不安ばかりが
大きくなっていきます。

1月に受けたACさんは多忙で予約ができない状態でした。
ちょうどその時、偶然出会ったACさん、その方にすがる思いで
REXの気持ちを聞いてもらったのです。
このACさんはこれもREXの強い思いが引き合わせたと出会いと
言っていました。
確かに現在日本にも多くのACさんが活躍されています。
その中でこの方にお願いしようと思ったのはある意味REXの
引きよせがあったような気がします。

REXはたくさんの事を具体的に伝えてきました。
全部はとてもムリなので一部紹介します。

それでも長いので読みたい方だけ続きをどうぞ。。。



ACの受け方はいろいろあるようですが、私が受けたのは2回とも
メールでREXの写真を送ってみてもらうものでした。

今回はREXが半身麻痺だとは伝えていませんでした。
REXとコンタクトを取ってもらう前にACさんと電話で一度話しました。
その時にREXの全身写真(伏せしている写真)を見て
写真の下半身が 「うすく写っているのですが」 と言われ驚きました。
そこで私はヘルニアで半身麻痺ですと告げました。

平日私が仕事に出かけている日中に2日間続けて
REXとコンタクトを取ってもらいました。

以下、その内容の一部分です。
伏せておきたい部分はあえて載せていません。
(  ACさんの質問、  REXの伝えた事、 ピンク 私の感じたこと)

-------------------------------------------------------

今まで楽しかったことは何ですか?
ボートのような乗物に乗って、すいすい風を切って進んでいる。
外の風が気持ちよくてすごく誇らしい。
よく息子がカートに乗せた時にビューンと走る事がある。それのことかな?


病院について
楽しくはないけど仕方ない。
ママが連れて行ってくれることはありがたい。
他に来ている子を見るとみんながんばっているよね、と思う。
REXは待合室で他のワンコをジッと見ている事が多いから
そんな事を思っていたんだな~と。


今どんな気分?
ぼくは1日、何にもせずに寝たり起きたりだけで、役に立ってない。
ママの手を煩わせてる。
ぼくは何なんだろうって考える。つらいし、やりきれない。
いろんな感覚が鈍ってくるし、時が過ぎていくだけに感じてもどかしいし、
自分にイライラしてしまう。
日中は寝てるだけと思っていた。
私たちは脊椎軟化症と言われたのにもかかわらず
命が助かっただけでも良かったと思っているのに
REXには自由に歩けない思いがそんなに強かった。
どうしてこんな体になってしまったのかもわからないまま
過ごしているのは当然なことだしイライラしてしまう気持ちも
とてもわかった


それで噛んじゃうの?
ママがいないとぼくは生きていけない。
それなのに噛んじゃうなんて、本当にごめんなさい。
気分がふさいじゃったり、痛かったりして、
コントロールできないことがあるんだ。
噛みたくて、噛んでやろうと思ってやっているんじゃないってことは
分かって欲しい。
そんな事を考えていたって知らなかった。
その後、機嫌悪いな~って時は無理をしないで車に乗って
獣医さんで圧迫排尿してもらうようになった。
なるべくお互いに無理しないでやろうとするようになったし
獣医さんに話を聞いてもらうと私も楽になる


(深いところで、ぼくはまだ居てもいいのかな?
自分でも持て余しているようなぼくなのにという気持ちと、
切ないほどの純粋な愛を感じる。
しっかりしている子なので余計にほんとは迷惑をかけずに
ちゃんとやっていきたいのに、と思っている)
これは私自身の反省もこめて・・・
心のどこかでこの状態がいつまで続くのだろう?
という気持ちがこのころにあったのは確か。
その気持ちがREXに伝わってしまっていたと思う。
一日中頭の中でREX中心に生活のやりくりをし
自分がやりたい事ができなかったりするとそんな事を考えてしまうような
自分も責めていた。それがREXの負担になっていたのかもしれない。


(頭がぐわーんと痛むことがあれば肩も痛いし、
腰がズキっと急に痛いときもあるしいつもだるくて重い。
ぎゅーっと絞られるように痛む時がある。)
半身麻痺で腰から下の感覚はないものと思っていた。
ある部分は感覚があるのかもしれない。
獣医さんに痛みどめ等の相談もしたけれどいつ痛みがあるのかが
わからなないのでむやみに薬に頼りたくないのもあり
『ユッカ&アニス』(股関節形成不全や骨、関節の障害、消炎、
鎮痛作用もあり、肝臓や腎臓を洗浄する)
をフードに追加してあげるようになった。


ママがして欲しいことがあれば教えてくれる?って
もっといっぱい触って欲しい。
首、背中、腰のところに、ママが優しい手をそっとあててくれて、
それでそのままじーーーっと、ただそれだけの時間を、
ママといっしょに過ごしたい。
そのときに、ぼくが噛むかもしれないって考えないで欲しい。
ママがそう考えているとぼくは悲しくなるから。。。
これは本当に反省してます<(_ _)>
忙しくて疲れていて自分の事でいっぱいいっぱい、
REXとのスキンシップの時間が取れていなかった。
「噛むかもしれない」って気持ち、今は全くありません。
イライラしているなって時はわかるしそういう時に
無理しなくなったので。
規則正しい生活に慣れているREXにとって夕方仕事から帰り
夕食の支度をし終わった時間がスキンシップの時間。
ゆったりと抱っこしてナデナデしながら撮りためている
ドラマを見るのが日課に。お互いにストレス解消。


REX君の役目って何? 
ママの支え。あとは、みんな一人一人を見守ること。
離れていても1つになれるように、つなぐんだ。
ママの支え、それがREXの役目なのはわかっているのね。
離れていても・・・これはお姉ちゃんが長期間留学したり
家族と過ごす時間が極端に少ないのを気にしているのかな?
でもその時の会話の中にはいつもREXが出てきて
スカイプでREXも登場してつないでくれてたね。




ACさんからのアドバイス
息子さん(若い男の人の感じがします)がいつもそれとなく
気遣ってくれている気持ちをちゃんと感じているようです。
これは本当にそうです。
息子はREXの気持ちを感じとってあれこれやってくれます。
とっても頼りになる存在。


“また噛むかもしれない”と思ってしまったとしても、
こんなこと思っちゃいけないのに!ではなく
“あ、また、噛むんじゃないかと思っちゃったよ、ごめんごめん”
と、表に出して消化して流していかれたほうがお互いすっきりするかと
思います。
REX君も“ぼくは噛まないもん”で終わりますので。
オープンさ、率直さ、しっかり向き合う、を心がけてください。
REX君は大変頭の良い子ですので、話せば分かります。
それをヘンに隠そうとすると敏感に感じ取るだけでなく、
不要な心配を抱え込ませることにもなり、
お互いにとって良い循環とはいえません。
とても参考になるアドバイスでした。
そうなんです、「噛むかもしれない」って気持ちは噛まれたあとには
なかなか抜けずにそれがオドオドした態度に出てしまってREXに
伝わってしまっていることがありました。
隠すのではなく話してしまう、目からうろこってこのことだと思いました。
それからはREXにいろいろと気持ちを話しかけることも増えました
些細な事で褒める場面もグッと増えたと思います


旅行も買い物も、これからはどうぞお出かけ下さい。
ただし、誰と、どこへ、何しに、どれくらいの期間、いつ帰る、
といった基本的事項は必ず事前に説明してあげてください。
そして留守中どうやって過ごしていて欲しいのかも伝え、
ただぼーっと待っているだけではなく自分もやることがある、
という状況を作ってあげてください。
例えばお部屋の見回りをしておいてね、でも構いません。
あれからずっと実行しています。
仕事に行く前には必ず
「お仕事いってくるね。家をしっかり守って変な人がきたら
思いっきり噛みついてやっつけていいからね」と。


旅行の際獣医さんへ預けるなどは、何日何曜日、何時ごろお迎えに
来るからね、ということをしっかり念押ししておいて下さい。
万が一遅れそうなときは獣医さんに電話でお知らせ下さい。
これが実行できないのです。やっぱりREXだけ預けるというのが。
なのでREXも一緒の旅行になります。
それでも旅行というのではなくどうしても預けなければならない状況が
今後出てくるかもしれません。
その時にはこのアドバイスをしっかり実行しようと思っています。


------------------------------------------------------


2人の方に別々REXの気持ちを聞いていただきましたが
共通点がとても多かったです。
信じていないわけではないけれど同じ事を伝えられると
「やっぱりそうだったんだね」って素直に受け止められます。

飼い主が感じ取っているペットからのメッセージ、
それは大体当たっているそうです。
でも今回のようにこんなに細やかな気持ちはとても私にはわかりません。
悩みのない時にはACを受けようとは思わないけれど
悩んでしまっている時には助けてもらえるものだと思います。

2月には飼い主に関する心の状態をみていただくイベントに参加予定です。
ACとは違ったもの、私自身のことなので今から楽しみです。


IMG_4779-1.jpg


すみません、この記事をUPするのにはかなり悩みました。
コメント返しはしませんのでよろしくお願い致します。


全部でなく 1つだけでも ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ
関連記事

| 日 常 | 04:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ポチャコさん こんばんわ(*^^)
10月って言えば…
ブログ放置してた時期だよね。
こんな事があったとゎ・・・。
てっきり仕事が忙しくPCに向かう時間が
なかなか取れないのかと
単純な考えしてました(-_-;)
ACさんの言葉ってすごいね。
信じたい…信じる気持ち分かるょ。
そーだよね。
REX君にだって感情ゎあるから
ストレスもたまる事もあるし
気持ちがいっぱいいっぱいになる事もあるよね。
言葉が通じなくっても心で通じ合いたいょ。
部屋出しした時に、ワンがうちらのそばにくっ付いて
寝るのゎ安心してるんかな?
いっぱい体触ってコミニュケーション
とってあげなきゃいけんのじゃね。

このACの報告ってメールとかで送ってくるの?

うちの3ワンだったら
毎日毎日狭いバリケンに入れられて
不満だらけかも…。
広い部屋でかけっこした~~~い
とか、うちの気持ち代弁してくれたりして…

| ひま | 2012/01/16 00:36 | URL |

悩みに悩んだ末のブログ投稿ありがたいです。お休みしてる間にこういうことがあったのですね。犬は言葉を喋れないからなかなか気持ちを察するのは家族でも難しいですね。でも、レックスくんに対する愛情や気配り私たちに伝わってきますよ。
本気噛みは辛かったですよね。
私も丁度一年前まっくすが尻尾を噛んだ時に、止めようとしたらガブリ。それはもうひどい噛みようでぐっさり、血がだらだら、みるみるうちにはれあがり、大変でした。でも、そのときに、自とまっくすに対して怒りはなかったのおぼえてます。
ごめんよ、まぁちゃんも噛みたくて噛んでないことはわかりました。きっと、どうしようもなくまがさして噛んてしまったのだと。そのあとは申し訳なさそうにしてたのがとても印象的です。レックスくんもきっとそうだったのでしょう。自分が迷惑をかけてる、そんな気持ちにかられたのでしょうか。
大事な家族。私もたまに疲れる時あります。まっくす中心に動けない時の方がはるかにおおいです。でも人間動揺喧嘩もしますもの。まっくすには申し訳ないけれど、仕事をしてる以上べったりくっつくなんて不可能なことなので、それはいつも言葉に出して伝えてます。ぽちゃこさんのきもちは誰よりもレックスくんがしってるはずです。噛んだあとにソファー逃げる行動、噛みたくて噛んだ訳ぢゃないからこその行動だと。
でも、アニマルコミュニケーションをうけて更に絆か深まったこと私はほんとに嬉しくおもいます。ぽちゃこさんが悩んで投稿してくれた記事わたしはとってもありがたいです。またまっくすをいとおしく思えました。わんこと過ごすってこんなに大変なのかな?自問自答の日々ですが、れっくんが好きまっくすが好き。気持ちだけではなかなかうまくいかないことがあるかもしれませんが、わたしはこの気持ちだけで向き合っていますよ。まつくすは不満かもしれませんが(笑)お互い頑張りましょうね。
今よりもっと明るい明日があることを信じて。。。なんだかこのコメント書いているとまっくすがトコトコやってきてかおを見上げてくれてます。かぁちゃんどうしたの、と言わんばかりに。ぽちゃこさんが今は噛まれるかもなんて思わないと聞いて安心しました。ぽちゃこさんブログを訪問するかたはみなさんおもってるはずです。みんな、ぽちゃこさん、レックスくんの幸せを願っていますよ。そう。ブログ復活したのです。
機種変したから退会だと思っていたら私のID記憶不足。自分にがっくし。たわいもない日常ですが、よろしければのぞいてくださいね。

| くぅみぃ | 2012/01/17 00:29 | URL |














TRACKBACK URL

http://rex19991224.blog118.fc2.com/tb.php/489-c1d63586

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。