FC2ブログ

うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

車いすの犬チャンプ

100325.jpg

図書館で『車いすの犬チャンプ』を借りました。児童向けの本です。
ビアデッドコリーのチャンプは2才で交通事故に遭い背骨が折れ神経も
切れていました。
自力排泄困難、一生歩ける事はないと宣告されます。
獣医さんからは障害をもって生きていかなければならない犬の立場からすると
安楽死の方が幸せかもしれないと言われました。
でも飼い主の三浦さんはずっとチャンプの世話をしていく選択をします。
ところが、チャンプの歩けない、排泄できないというストレスは相当なもので
毛が抜け、家具を噛み前歯がボロボロになってしまうのです。
そんな姿を見た三浦さんは安楽死を選ばなかったのは正しかったのかと悩みました。
このままではチャンプがダメになってしまう、どうすればいいのか?と考えたときに
車いすを作ろうと思いつきます。
試行錯誤で何台も車いすを作りチャンプにとって乗り心地の良い車いすを
完成させます。
車いすで歩けるようになったチャンプは見違えるように元気になり
15才で最後を迎えるまで三浦さんと深い絆で結ばれ幸せに過ごしました。


チャンプが事故に遭ったのは20年以上も前、犬用の車いすもなかった
頃なのでしょう。
三浦さんはその後同じように事故で歩けなくなった柴犬にも車いすを
作ってあげます。
この柴犬も事故後は食事を受け付けなくなるほどショックを
受けたそうです。


この本を読んで何だかホッとしました。
と言うのもREXが5年前に手術をした後の世話がとっても大変でした。
今思うと思うように体が動かなかった、イライラによる行動で
ガゥガゥだったと。

そして今回の手術でも退院後1週間ほど経った頃、ちょっと外出し
帰宅した時です。
REXは血だらけでオムツも食いちぎり興奮状態で手の付けようが
なかった時がありました。
血は尻尾を噛み付きそこから出ていました。
私は泣きながら獣医さんへ電話し指示を仰ぎました。
REXを獣医さんへ連れて行かれないので精神安定剤を処方するからと、
それだけ取りに行きました。
その時にまさしく安楽死の選択もあると言うことを知りました。

悪夢のようなあんな状態はその後ないけれど、REXがこの状態を納得するまで
いつガゥるのかドキドキしました。
狭い家にいるとこんなにガゥガゥイライラしている犬はREXだけ、
これからどうすればいいのだろう・・・と思う時がありました。

でもこの本を読んで犬の気持ちが繊細だとわかりました。
今まで普通にできていた歩くと言うこと、
自分の意思でオシッコすると言うことができない、
今の自分を受け入れるのは犬にとっても大変な事なのだと。
もっと早くに読んでいれば良かったです。


REXも今はタイヤの後ろ足があります。
昨日今日は雨降りで散歩には行かれなかったけれど明日は行かれそう。
REXの笑顔を見るために今は散歩に行っている気がします。

あ~した、天気になぁ~~れ・・・


    更新の後押しをお願いします。ポチッとね♪



関連記事

| 日 常 | 20:10 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

今度読んでみます

本当に繊細ですよね。
自分の状態を受け入れらない切なさやもどかしさ。
REX君が爆発した時もあったとは、ポチャコさん本当に辛い思いをしていたのですね。

もう、車椅子に違和感なく動かしているのかな。
寒くて雨の日はもう勘弁して欲しいです。
REX君が笑顔で散歩が出来る天気が続きますように。

| みかな | 2010/03/25 23:42 | URL |

はじめましてv-363
いつもブログ拝見しています。maroママと言います!
うちもダックスを飼っていて、最近5歳になりました。ブログも開設しています。もし、差し支えなければ、ポチャコさんのブログをリンクに貼らせてもらってもいいでしょうか?

車いすのREXくんはとっても頑張り屋さんですね。是非、多くの人にREXくんの境遇などを知ってもらいたいです。
ブログを見ていると一生懸命なREXくんから、自分も勇気を分けてもらっている気がします・・・。

紹介されていた「車いすの犬チャンプ」も是非、読んでみたいですe-77今度、探してみます!

| ポチャコさんへ | 2010/03/25 23:52 | URL |

☆みかなさん

短い間ですが、毎日いろいろとありました。
一ヶ月経てば大丈夫、慣れるかな?
と思ってましたが実際は二ヶ月かかりました。
けれど今後はもっと普通に生活できると思います。
今日は久しぶりに散歩しました。
やっぱりREXも運動するとスッキリするようです。

| ポチャコ | 2010/03/26 19:32 | URL | ≫ EDIT

☆maroママさん

maroママさん、はじめまして~♪
書き込みありがとうございます。
そしてリンク、大歓迎ですよ。
こちらからもリンクさせていただきますね。
実はコミニティでお見かけしてmaroちゃんを見に行っていました(^^ゞ
今後ともどうぞよろしくお願いしますm(__)m

| ポチャコ | 2010/03/26 19:39 | URL | ≫ EDIT

こんにちは(*^_^*)
この本、つい最近読みました。
ペットショップに置いてあったので、途中までしか読めませんでしたが、チャンプのようにストレスを感じるワンちゃんだと、とても大変ですよね。。。
同じ下半身不随でも、シンタロウの場合はとても運がよかったのだと思いました。

それにしてもコーチの袋!本当にそのためにバックを購入したのかと思いました(笑)

| シイナ | 2010/03/27 13:41 | URL |

☆シイナさん

シイナさんも読んでいたんですね。
児童向けなので簡単に読めるけど
さすがにペットショップではそんなにね(^^;;;
チャンプが最後の夜に三浦さんと接する部分が
あるんですが、そこからが涙涙・・・です。
シンタロウ君は本当に穏やかな性格で羨ましい。
ダックスもいろいろな性格がありますね。
コーチ袋、そんな大人買いができたらいいですよね~

| ポチャコ | 2010/03/27 17:19 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT