うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手術

手術のできる獣医さんへ朝9時に行く。

診察の結果、グレード5で最悪の状態。
手術しか回復の選択はない状況。
手術しても数パーセントしか歩ける状況にはならない。
先生は「全く望みがなかったら手術しません」とおっしゃるので
「お任せします」とお願いして帰ってきた。

手術になるだろうと朝食は抜いてきている。
午前中の診察が終了したらすぐに手術になるそうだ。

午後2時半頃、仕事中に携帯電話がなった。獣医さんからだった。
無事に手術は終わったけれど脊椎軟化症を発症していたと告げられる。
脊椎軟化症・・・神経がどんどん溶けて上半身におよび呼吸困難を起こして死にいたる。
進行性だとここ数日の命と言われる。
今日は面会できないけれど、明日なら来て良いと言われた。

あんなに小さな体で2回も背中を大きく切って痛い思いをしたのに
脊椎軟化症にもなっていた事が可哀想で仕方なかった。

REXの楽しかった事は何だろう?
ずっと痛みがつきまとう生活をしてきて幸せだったのか?
いつ病状が悪くなり先生から電話がかかってくるんじゃないか不安だった。

ポチッしてネ




関連記事

| 2度目椎間板ヘルニア手術(10才) | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。