FC2ブログ

うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シッポから出血

119_1.jpg

数日前からイライラしだすとREXは自分の尻尾をぐるぐる回りながら噛みまた赤みが出ている状態だった。そして昨日の夜、その尻尾から出血、今までで一番ひどい状態になっていたのでこれはもう獣医さんへ行くしかないと娘と一緒に受診。
ちょうど院長先生が応対してくださる。体温測定、そして体重測定。驚いたのは体重だ!なんと5.6kgまで減っていたのだ(^^; 先生はこれ以上減らないようにと言う。確かにガリガリのREX。ちょっとフードが足りなさ過ぎたみたい。ごめんよ~~。
尻尾噛みは椎間板ヘルニアの痛みに耐えそれが原因で噛んでいたのかと思っていたがヘルニア手術をしてその部分は治っているはずだからそれ以外の原因があるということになる。後ろ足の付け根の関節部分の神経のしびれや痛みがあると尻尾を噛んでしまう事もあるということだけれど、それを原因と特定するにはまた大変な検査になってしまってとても普通の獣医さんレベルでは対応できないらしい。院長先生は普段尻尾を噛む状況を私から聞きだし、取り合えず一つ一つ考えられる原因をつぶしてその経過を見ていくしかないと言う。こんな時に人間のようにここがこういう風に痛いとかしびれるとかイライラするなど言葉にできたならもっと対処も簡単なのにと先生もおっしゃる。とにかく今年中にしなくてはならないと考えていた去勢をする事によってイライラしている部分が男性ホルモンの影響だとしたら尻尾を噛む自傷行為もなくなるかもしれないということで、今月9日に去勢手術の予約を入れた。尻尾の治療はできれば毛を刈ってその部分に薬をつけ、包帯を巻いてテーピングするのがいいそうだけれどその場合、私が毎日それを取り替えなければならないというのでとてもガゥガゥのREXにそれはできないと言うと、ゲンタシン軟膏(抗生剤軟膏)を塗って抗生物質の飲み薬を一日2回服用ということで処方してもらう。手術前のレントゲンと血液検査も済ませてそれは異常なし。首には持参したエリザベスカラーを先生につけてもらい、これで難なく尻尾を舐める事もできなくなると思う(実際は尻尾まで届いてしまうのだけれど)。
椎間板ヘルニアという大きな手術を経験したからだろうか?以前ならもの凄く考えてしまっていた去勢手術はたいしたことがないように思えてしまうから不思議だ。今後何が起きてもたいして驚かないよね?と主人とも話した。少しでもREXが今後穏やかに楽しく過ごせるように、去勢が尻尾噛みに効果的だと本当に嬉しい。

関連記事

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT