うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイルカーペット

91_1.jpg


今朝、REXがフセして寝ている所を発見!もの凄く心配したから一気に力が抜けるほどホッとした。でも薬が効いているからと考えた方がいいのかな?
午前中に両親が来てカーペット貼りの作業をする。端っこの半端な部分は適当に空いていてもいいかな?なんて思っていたのに父はきっちりとこだわって隙間のないようにはめ込んでいく。約4時間ほどかかって無事にリビングのフローリングはカーペットに生まれ変わった。
和室にいたREXをカーペットの上へ連れてきた。すぐにオシッコをポタポタ。やっぱり自分の意思でするというより動いたりお腹に圧迫があると出てしまう感じ。昨日買った介護パンツをはかせてみた。ちゃんとkg数が合っているものを選んだのにここが胴長さんの難しい所(^^;; チンチンがはみ出してしまうのだ; ̄ロ ̄)!! 女の子だったら問題ないのにこれはREXには使えない。けれどそのままだと垂れ流し状態だしどうしたものかと考えてトイレシーツを胴に巻いて背中の部分の重なりをテープで止めた。これがなかなかいい!
REXも嫌がると思ったら意外に気にしていない。
そのうちウンチをした。このウンチの後REXはとても気が立っている。それを知らずウンチの片付けをしようとした娘が左手甲を噛まれてしまった!以前なら何でもなかった事なのにどうしてこんなにピリピリするのか?腰が上にあがらないからウンチをしてもお尻についたまま、やっと前足で移動して後ろにポロッと取れるのでREXだって気持ち悪いに違いない。今までと違う生活にREX自身が一番困惑しているのかもしれない。娘に「REXは不自由な体だからイライラして噛んだけど許してあげて」と言った。娘も素直に納得してくれた。
リハピリは母がいる時に一緒にやってみた。左右のももの筋肉の太さが全く違う。麻痺がひどかった左足はほっそりしていて未だクネッとまるで力ない。右足はそれより少しマシな程度。支えて立たせてもすぐに力なく横に足は崩れて座り込む。なるべくリハビリを嫌がらないように少しやっては休んで褒めて、今日は初日なのであまり無理のない程度にしておく。
ストレスなのか尻尾や太ももの付け根をしきりにナメナメしたのでまた真っ赤になってしまう。ただ今日からリビングで自由になったのでこれで気分も少し変わってくれるといいのだけれど。
REXの笑顔がなかなか見られない。焦らない焦らない。少しずつ少しずつ。
    
    【夜、プレドニン(ステロイド)5mg,1錠、胃酸を抑える薬】
関連記事

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT