うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

抜糸

昨日からの様子が気になるので朝8:50に家を出発、獣医さんへ向かう。平日だから道路も混んでいるんじゃないか?と思ったら意外に順調に流れていて10:15獣医さんへ無事に到着。私一人でREXを乗せて環7走ったりしたのは初めて。とにかく無事にたどり着いて良かった。
受付で「抜糸ですね」と言われ「お願いします」と共に昨日の様子を簡単に話す。まもなく診察室に通され院長先生に「下でまずは歩かせてみて」と言われREXの歩き方を見る。後ろ足はアザラシのようにひきずったまま。
診察台に乗せると途端にオシッコをジャージャーとしてしまう。ここ2,3日にも感じてはいたけれど自然にポタポタタラタラと出てしまう感じ。体重は6.1kg。なんと手術する前は6.8kgあったのにこんなに減ってしまっていた。
ピンセットとハサミで院長先生は手際良く糸を切っていく。最後に軟膏を塗って傷口の方はこれでもう大丈夫と言ってくれた。
問題なのは昨日から座ったままである事。痛みがまだ残っていると言っても悪い部分は切除してある。先生は「頚椎にきているのかも」と怖い事を言う。首の方にも痛みがあるとすれば首が下げられないなどの様子があるらしい。とにかく追加でステロイド1週間分と胃のお薬をもらった。2,3日はステロイド1日1回1錠、その後半錠を2日くらいとあげて様子を見るように言われる。
続けてリハビリのやり方を教わった。行う時は常に2人で1人が首側を支え、1人が腰を持って1,2,3と足を立たせて屈伸運動のようにする方法。これを10回1セットで3セットを朝昼晩に行い、計100回ほどする。このリハビリをしなければ筋肉も回復しないで歩けないままらしい。REXの場合は手術の前にも立ってはいたので成果はでるはずだと言われる。問題はガゥらずにうまくおだててやっていかなければ・・・先生には「怪我しないようにね」と私の心配をしてくれた(‥;) そして「絨毯にしました?」と聞かれたのでまだであることを言うとどうやら私の聞き違いだったようで抜糸が済んだらサークルから出て1部屋(絨毯敷き)だけ自由に行動できるようにして良かったらしい。早速でもタイルカーペットの準備をしなければならない。家に着いたのが11:50、診察込みで往復3時間。REXもお疲れ様。

適当に昼食をすませ、すぐにホームセンターへ。この間ザッと枚数の計算はしてあった。足りなければまた買い足せばいい。本当なら主人も一緒に来て選びたかったけれど、あいにくこの間からまた海外出張中。来週にならないと帰らない。70枚近いタイルカーペットを買い込んで車に積み、家の中まで台車を借りて運び込むまでに一苦労!1枚だとたいした重さではないタイルカーペットも70枚だと凄い重さ( ̄Д ̄;; 何とか息子が学校から帰るまでに間に合った。今度は実家に電話し、父に明日にでもタイルカーペット貼りに来てくれるように頼む。こういう時元工務店経営の実家は使える(笑)快く引き受けてくれたのでこれで明日はリビングも絨毯になる。そうそう、タイルカーペットのついでに犬の介護用紙パンツも買ってみた。夜だけはこれをはかせてみてはどうだろう?と。はいてくれるかどうかが問題だけど・・・

夕方、REXはまだ座ったままコックリコックリと船をこいでいる。たまにガクッ!となって目が覚めるを繰り返すほど眠いのに何故横にならないのか?お願いだから首の方まで痛みがあるのではないように・・・
夜のフードを食べさせてからステロイドと胃の薬を飲ませる。これで横になって寝てくれるのかと思ったら飲ませてから3時間経ってもまだ状態は変わらず。なんでお座りのままなのか?なんで眠くて仕方ないのに横にならないのか?今日は昨日のようにヒィヒィーと鼻で鳴くことは少ない。お願いだからゆっくりと休んで欲しい。

    【夜、プレドニン(ステロイド)5mg,1錠、胃酸を抑える薬】
関連記事

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT