うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま。2017年7月7日17才6ヶ月で虹の橋へ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

退院

85_1.jpg


REX、今日無事に退院しました(^O^) 病院から帰る途中の車内ではいつもなら鳴かないのにクレートの中でずっとヒュンヒュン鳴き、家に着いてからもサークルに入れるとしばらく鳴いていました。久しぶりの我が家とはわかっていてもなかなか環境に慣れなかったのかもしれません。家では子供達がお出迎え。REXは甘えたくてナデナデをすると安心したような顔をします。
後ろ足の様子はダラリと力なく流れて引きずっています。それは手術前に先生から説明されていた通り「いったん悪くなったように見えるけれどそこから回復していく」との事だったのでサークル内での方向転換の時には前足を移動させて体の向きを変えるような状態です。
でも写真を見てもらえるとわかるように笑顔でしょう?やっぱり住み慣れた家で家族みんながいるのが嬉しいんだと思います。REXにとって入院していた8泊9日は長かったし、私達も長かったです。
背中の痛みは今はもうないとの事なので今までしていたガゥやら尻尾噛みもないかな~?なんて期待していたのですが、やはりそれは変わらず(^▽^;) 今回手術してくださった獣医さんは椎間板ヘルニアのせいでそうしていたのではなくてたぶん別の理由、例えば何らかのストレスによるもので犬もうつ状態になるのでそれに効く薬も現在はあるそうなのでと言うお話もしてくれました。
うーーん、まぁとりあえず大きな手術を終えた後だしまずはそれを少しずつ回復させていってその後尻尾の事は考えるしかないのかな。

午後、私は娘と高校説明会だったので留守番をしていた主人と息子は途中家の前の公園に遊びに行ったそうで。帰宅するとスヤスヤとグッスリREXは寝ていたらしく人が少しの時間いない方がゆっくり休まったようだと言っていました。
サークル中でトイレも寝床も食事も一緒でやはりトイレは躊躇している様子のREX。でもガマンの限界にくるともの凄い量のオシッ○を昼1、夕食後1(ウン○も1)しました。

REXのいる暮らし、やっぱりいいです♪「よく頑張って耐えたね」といっぱい褒めてあげました。これからまだ1週間後の抜糸、その後のリハビリと続きますがとりあえず今日は嬉しい嬉しい日です。たくさんの心配してくださった方々、そして病院の先生、スタッフの方、有難うございました<(_ _)>
関連記事

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。