うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま、でも頑張っているよ、REX17才

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

少し心配


写真は25日撮影もの。

最近は近くにカメラを用意して些細な日常のREXも撮るようにしています。
ブレブレでもいいや、今のREX~~ みたいなね。

IMG_3879.jpg


2日ほど前からちょっと心配なREX。
食後に嘔吐するのが2回くらいあったので吐き気止めと胃酸抑制剤を飲ませ、
連休中も続けて飲ませておきたいので獣医さんで1か月分処方してもらった。

嘔吐以外にもフードの食いつきが落ちている。
ニオイを嗅いでもそっぽを向いてしまい躊躇する。

考えてみればフードテーブルを外すあたりから1食食べ終わるのに
かなりの時間がかかっていた。

口元にふやかしてグダグダの1粒を持っていくもすんなり口にしない。
時間をかけてちょっと食べようかな?
でもいらないかな?
食べてみよう、あれ? やっぱりやーめた、なんて調子。

フードに薬を仕込んでいるのでこちらは食べてもらわなければと
今朝は少しだけヤギミルクの粉を乗せてみた。
すると あぁぁ、食べだした。 ホッとする。
完食、さらにホッとする。 薬も飲めた。

こんな朝だった。



※ 母のその後、折りたたみに記載中。



励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へにほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


人気ブログランキングへ



26日(水)に入院した母、28日朝、病院の先生から電話がありました。

「お母さんが退院したいの一点張りで酸素も勝手に外してしまいます。
今の状況だと今日の検査結果を待ってその数値がよければ
退院した方が精神的にも良いかもしれません」

というわけで、GW前の片付けなければならない仕事を終わらせる事が
できない無責任さに深く頭を下げても下げつくせないほどの罪悪感を抱えながら
午前中で早退し、午後から先生の話を聞きに行きました。

難しい用語や数字は忘れましたが、抗生剤の投与でかなり回復してきているので
退院し1週間の服薬で大丈夫だろうとの事で病院からそのまま我が家に
連れて帰ってきました。

独居の母をそのまま自宅に戻す事はとてもできませんでした。
奥の方から出る咳は同じ部屋で寝ていると常に聞こえます。
それでも離れているよりは私の目の届く所にいてくれる方が安心です。

引っ越しはどうなるのだろう・・・
と思っていましたが、予定通り 5/4 にすることにしました。

明日1日に母を実家に送っていくことにしました。
引っ越しの日までは弟が食事の事なども引き受けてくれたので。

この間、ここには書けない様々な出来事がありました。
人それぞれ人生の中では辛いこと、苦しい事があるかと思います。
私の人生においての現在の状況もそんな一つなのだなと冷静に見ている時と
どうしたらいいんだろう、頭の中に手を突っ込まれてグルグルされている
そんな感覚になる事もあります。

そんな時、私のモットーとしている

『後悔しない選択を』 

この言葉を実行するだけだな・・・ って思います。


このブログを見て心配の声を掛けてくださる方々、本当にありがとう。
ここ数日涙を流さない日はないけれど、暖かい励ましに救われています。
心配な事がたくさんありますが、一つずつこなしていきたいと思っています。

どうもありがとう。。。。。

関連記事

| 病気、病院 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT