うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま、でも頑張っているよ、REX17才

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胃捻転の前兆?


24日(金)、朝一番でREXを獣医さんへ連れて行きました。
2,3日前から胃捻転前の時と同じ症状(物は吐かない嘔吐)が見えたからでした。
胃捻転で怖いのが再発、
原因はいろいろありますがはっきりしていないようで
高齢もその一つにはなっています。

1日に1回程度ですがそのような症状があると心配になります。
手術なんてもうさせられない、事前に何か対処方法があるならと
職場には「急用で出社遅くなります」と連絡し、獣医さんへ到着。

平日なのに予防接種などの時期、混んでいました。
レントゲンを3枚撮った結果、胃捻転は起こしていませんでしたが
胃にガスが入って膨らんでいる状態。
ここ1年はウンチも常に出るような状態でしたが腸の中はウンチばかり。

胃に注射器を刺してガスを抜く事もできるということでお願いしましたが
REXの胃がかなり動いているので針を刺すと他の臓器や血管もあるので
危険との判断からそれは中止になりました。

胃酸分泌抑制剤と吐き気止めの皮下点滴をしてもらい
これらの内服薬をもらい帰ってきました。

先生も過去のカルテを調べて一昨年の胃捻転前の状況などと
丹念に比べてもらいましたが、今回は老化による胃腸の動きが
鈍くなっている事によるものではないかとの事でした。

冷やさないようにし、硬いもの消化の悪いものは与えない等の
指示を受けこの日は絶食させました。

11時前に職場に到着、ダックスを飼っている社長に「どうした?」と聞かれ
これこれこういう事で・・・と話すとたぶん14,5才の社長のダックスも
最近は寝てばかりであまり食べなくなっていると。
遅れた分仕事は溜まっていて忙しかったですが、その辺は理解ある
職場で恵まれています。

夕方、帰宅するとマットの上とその周辺のタイルカーペットに広大な嘔吐後。
ほぼ水分、たぶん点滴の水分かな?
ちょっと慌てましたが少し元気がない程度なので翌日から飲ませる薬もある事なので
様子をみることにしました。

翌日からはいつものようにふやかしたフードを半分量から開始。
その後、嘔吐するようなしぐさもなく今日に至ります。
オヤツはタマゴボーロのみ。
元気になってきました。


受診した際に血液検査の結果もでていました。
初めての検査項目SDMA(慢性腎不全の早期発見項目)は
16 ug/dL (参考基準値 0~14 ug/dL)、少し高いと出ましたが
このくらいは高齢だからということで問題のない範囲でした。
今までなら尿素窒素(BUN)、クレアチニンで判断されていた項目、
こちらだけでみれば全く問題ない数字で出ています。


血液検査



その他の項目は全て異常なし。
以前からいつも高い数字を出していたリパーゼが今年は正常値に。
フィラリアの結果も異常なしでした。

17才のREXにとってはちょっとの事でも心配になります。
慌てて受診しましたがこれでちょっと安心です。

今回は春休みの息子が車の中でもREXを抱っこし付き添ってくれました。
同伴者がいるととても心強いです。



励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へにほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


人気ブログランキングへ

関連記事

| 病気、病院 | 04:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

REX君。落ち着いてきてるようで安心しました。

大きな病気を経験するといつもと少しの違いがとても気になりますよね。
よ〜くわかります。
私もそうでした、あれ⁈って思うと居ても立っても居られなくなり、病院へ💨
先生に大丈夫ですよ。って言っていただいて一安心(^^)

敏感な子なので私の動揺はボニータに伝わってしまいそうで…
自分の安心のため駆け込んでました。
病院の先生はシニア犬はそれくらいのほうがいいですよ。っておっしゃってました。
いつもと少し違うって気がつけるのはずっと一緒にいるお母さんだからですよ。と。

この季節はお天気が安定しないので体調管理が難しいですよね。

長男さんの付き添い。心強いですよね。
わたしの場合は重い話になると冷静に先生のお話が聞けなくなり、頭に入って来なくなるのでf^_^;
長男か次男に無理やり頼んで付き合ってもらってました。
いつも冷静にキチンと聞いてくれていてとても助かってました。

| ボニータママ | 2017/03/26 15:53 | URL | ≫ EDIT

☆ボニータママさん

大変ご心配おかけしました~
あの時の恐怖をもう一度は味わいたくなくて
事前に対処できるならと安心のために連れて行きました。
ボニータママさん、わかっていただけて嬉しいです(^^)
ボニータちゃんの先生、ステキな言葉がけをしてくださってたのですね。
ウルウルしちゃう、そんな事言われたら。。。

そうそう、重い話になると頭がスポーーンとなってしまいます、同じ(笑)
一人より二人で聞きたいですよね。
いつも主人は診察室には入らないんですが、息子は入ってきてくれて
より心強かったです。

本当にこの季節は何なんでしょうね(汗)
今朝は成田空港で雪模様でしたし。
油断しないでヌクヌクと生活させま~す♪

| ポチャコ | 2017/03/27 15:28 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT