うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま、でも頑張っているよ、REX17才

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぜREXが?

rex000402h_20100608185309.jpg


我が家の2頭目です


 な~~んてウソ 


REX生後3ヶ月の頃の写真です。

小さなダンボール箱からも飛び出せないようなおとなし~い子。

後におとなしいのではなくて、運動神経が悪いんだと判明しましたが


散歩すれば道路の縁石でこける、ジャンプは全くできないからソファーにも上がれない

なので他のダックスに比べて腰に負担がそんなにかからなかったはずなのに。



4頭に1頭がなると言われている椎間板ヘルニアは日々の生活で気をつけるのはもちろんだけど、

私はそれより何より血統ではないかなと思うのです。


以前有名なダックスのブリーダーとお話した時にREXがヘルニア手術をしたと言うと

「うちからは椎間板ヘルニアの子は1頭も出ていないんですよ」と言っていました。

そこのダックスはみんな高価なお値段の子ばかりでそれにもビックリした記憶が(^^;;;

そんな事があるんだ~~とその時は思いました。


今でも素人の私にはそれが本当なのかどうかはわかりませんが、

REXを見ているとピョンピョンなんて全くできなかったし、

私もできる範囲で気をつけていた。


なんでREXがって考えた時にやっぱり行き着くところが

もともとの体質や血統なのではないかと。


あいにくREXの親戚さんの知り合いは親戚探しをしてもあまりいないので

ヘルニアになった子が多いのかなどわかりません。



ブリーディングで椎間板ヘルニアにならない子犬が作れるなら

みんなそうして欲しいと思います。


あらら・・・・カワイイREXの写真から話が飛躍的な方向に(^^;;;

何だか最近いろいろと考えしまいます。。。




 ポチッとクリックをお願いします♪

 

関連記事

| 日 常 | 19:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

同じく・・・

私も遺伝が大きいのじゃないかなぁと最近特に思います。
もちろん個々の生活習慣とかも関係するんだろうけど
やっぱり遺伝って一番大きいような気が~~(T.T)
光太郎の親戚さんでも血管肉腫の発生率が凄く高くて
ビックリしてます。
この病気、大型犬(特にゴールデンとか)が多くて
コーギーとか小型犬の発症って、少ないみたいなんですが
光太郎の血縁の子でなってる子が異常に多い・・・
血管肉腫以外のガン(リンパ腫)とかで亡くなった子を含めるともっともっと怖いくらい多いです。

ダックスもコーギーも、人気が出て無理な繁殖させた人が
居るから、その結果がこれかなぁと思いますよね(T.T)

話変わりますが
江ノ島ドライブ、のんびり出来てよかったですね!
ウツボを齧ろうと(?)するREX、凄すぎます(笑)

| はむりん | 2010/06/08 21:10 | URL | ≫ EDIT

☆はむりんさん
 光太郎の親戚さんもそんなに同じ病気になっているんですか。。。
しかも小型犬には珍しい病気なのにそんなに多いとなるとますます怪しいですね。
やはり購入する側がちゃんとしたブリーダーさんから親や兄弟を
しっかり見極めた上で飼うのが望ましいって事ですよね。
ガラスケースの中にいる子を安易に飼わなければそういう子も増えないだろうし。
でも光太郎もREXも私達の所に来て良かったんだよ~ってホントに思います。
病気は辛くて可哀想なんだけど、たくさんの幸せも貰っているから。

江ノ島、10年前と変わっていませんでした。
人ごみも平気になってきたREXなので今度はもっと都会に進出しようかな?

| ポチャコ | 2010/06/09 20:47 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT