うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま、でも頑張っているよ、REX17才

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

軽井沢日帰りドライブ

先週、平日にお休みし軽井沢へ行ってきました。

軽井沢のアウトレットは初めて。
御殿場も広いけど軽井沢も広くて歩き疲れました。。。
カートや抱っこならワンコOKなお店が多いのは良かったのですが
建物が不規則に建っているので地図の読めない私は今どこにいるのか
ここに行くにはどう行けばいいのかで買い物する意欲半減・・・

REXが車いすに乗ったのも2,30mくらいであとはカート。
足が弱ってきているのか本当に歩かなくなってきました。


IMG_3307.jpg


IMG_3309.jpg


ランチのみ済ませて次の目的地のツルヤへ。

「お土産買うならツルヤよ!」とREXのフードやオヤツでいつもお世話になっている
店長さんに教えてもらいそのツルヤへ。

想像していたより立派な広いスーパー。
しかも平日なのに駐車場の空きはわずかという状態。
入り口の右側にミカド珈琲の看板、並ばずモカソフト買えました。
パパはコーヒー、300円しないのにちゃんと煎れてくれたと喜んでました。

REXがいるのでパパと交代で店内へ。
PB商品が多いと聞いてたけど見たことのないものもたくさんありました。
REXが待っていなかったらもっとゆっくり見たかった~~
焦っていたのもあるけど後からあれもこれも買えば良かったと後悔・・・
アウトレットで時間かけるよりクーラーBOXも持っていたので
ここでもっとゆっくりすれば良かった。


ドライブ中のREXは全く寝ないのです(泣)
寝たのはツルヤの駐車場に止まっていた時のみ。
帰りは赤ん坊が駄々をこねるみたいに「ヒィヒィ」言い出す始末。
だんだん長時間移動もムリになってきたかな?と感じた日でした。



週末、実家へ久しぶりに行き買ってきたお土産を渡しながら
信州立科出身の母(82才)に「ツルヤって知っている?」と聞きました。
「知ってるよ~、昔は町のよろずやだったけど」とのこと。
母の知っているツルヤは6,70年前のなんですね。
「もうどこかになくなっちゃったんじゃないの?あっても上田?」
いえいえ、母の実家近くにも立派なのができてます。
朝のドラマ風なら「びっくりぽん」でしょう(^^)
でももう今の母は実家に行く体力は残ってません。



《追伸》  10月5日(月)、ブログのお友達だったひまさんちの
     ロロ君(15才)が虹の橋を渡りました。 
     ひまさんとは私がこのFC2ブログを始めた時にロロ君が
     半身麻痺で歩けなかったのに自力で歩けるようになった事から
     知り合いました。その後もツイッターのやり取りはしていて
     ロロ君がREXと同じ車いすを作ったり病気の経過も知っていました。
     ロロ君もまるでこの時とばかりに旅立ってしまいました。
     それはひまさんがお仕事を長期でお休みを取ったとき。
     ロロ君が心配だったんですね。
     お仕事をしながらの介護、大変だったと思います。
     会った事はなかったけどとてもかっこよかったロロちん、忘れません。
     ご冥福をお祈りいたします。
     
     



        訪問者様専用 画像掲示板へGO!


         励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

       にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


               人気ブログランキングへ

| 軽井沢、富岡(長野、群馬) | 14:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏旅行(その4)

草津をあとにしてロマンチック街道をず~っと下って行きます

道端で夏野菜を売っている露店がいくつもあるのでその1つに寄り

真っ赤なトマトとトウモロコシを一袋ずつお買い上げ~~  



北軽井沢あたりから警察官があちこちに立っています

シートベルトの取締り? それにしては多くない?

それは中軽井沢まで続きました




IMG_3648.jpg


町営の駐車場へ車を駐車し、少しだけ軽井沢の森林の中を歩き

あとは旧軽井沢のお土産物屋さんの散策


IMG_3641.jpg


土曜日なのでたくさんの人がいましたが様子を見て

REXも車いすにして歩かせました


人ごみで車いすのREXを歩かせると嫌なのが

あからさまにこちらを指さして大声で「あの犬見て!!」って大人がいること

多少なりとも犬に興味があるにせよ、モロ聞こえで話す

あの神経にはいつまで経っても慣れず

もっと車いすワンコを特別な目で見ないでいただけるといいのですが・・・・

犬に無関心の人は全く興味がないので無視してくれます

それが逆に嬉しく感じます


「頑張ってますね」なんて声かけられたら「ハイっ!!」って

元気よく答えられるのですけどね


今回は「あの犬って何犬?」って言われたのもよく覚えています

ダックスに決まってるじゃん 





IMG_3643.jpg


「まぁまぁまぁ・・・」とREXの声が聞こえてきそう

それにしてもドッグランやドッグペンションなどのワン連れの方々には

そういう視線や態度を取られる事は全くないので

やっぱり珍しいからなんでしょうね






IMG_3651.jpg


さて、そんな事を気にしていてもお腹は少し空いてきました

軽井沢はワンOKの食事場所がたくさんあるので助かります

だからたくさんのワン連れさんが来られるのでしょう


今回ランチしたのは旧軽井沢銀座通り入口にある

軽井沢 虎杖』でテラス席のみワンコOK

2階にありますがテラスには屋根や風よけもあり歩道側の席だと

道行く人々が見えたりします


パスタを3種類注文してそれぞれ取り分けていろいろな味を楽しみました

朝食が遅かったのであまりお腹も空いてなくちょうど良い量、

いつもならパパはピザも1枚追加注文してたでしょう



食事しながらパパが富岡製糸場へ行きたいと言い出しました

でもワンコ入れなかったら無駄足なので『104』へ電話番号を聞き

富岡製糸場へ問い合わせてみました

すると「リードをしていれば入場できますが建物内は入れません」とのこと

というわけでナビを富岡製糸場へ設定し碓氷峠を越えるべく出発したのでした




ナビの言う通りに走っていたらどうやら旧碓氷峠を走っていたらしく

バイパスがあるのに旧道のクネクネカーブ道を走るとは何たる失敗~


カーブの番号を数えながら下っていくしかないと

REXを抱きかかえながら右に左にと揺れてました






IMG_3656.jpg




ところが


途中で明治時代に造られたレンガの橋梁 めがね橋が見学できました





IMG_3655.jpg


パパと息子はこの橋の上まで階段を上がって遊歩道を歩いてましたが

私とREXは下で待つことに・・・

意外にここも観光客が多く見どころなんだな~と

こんなに立派な橋を明治の人々はどんなに苦労して造ったのか

1つ1つのレンガを運ぶだけでも大変、下は川、そこにそれを積み上げていく、

想像すればするほど偉大な橋に感動します








IMG_3672.jpg


そしてやっと富岡製糸場に到着

下界に降りてきた~って感じで気温もかなり暑くなってました

世界遺産暫定リストされている『富岡製糸場



ここに来てやっと軽井沢で警察官がたくさんいた謎が解けました

3日前に天皇皇后両陛下がこの富岡製糸場を見学されて、その後軽井沢へ

そしてまさに今日27日は軽井沢から草津へ移動する日だったそうです

だから警備が厳重だったんですね




053-1.jpg


1時間毎に解説をしながら歩いて見学するツアーのようなものがあります

最初はそれに参加してましたが、なにしろREXが「キュンキュン」鳴くので

途中リタイア、別行動で回りました



IMG_3690.jpg


サルビアもキレイだけど

 「暑くてセミもミンミンうるさいのだ」 と言わんばかりの顔






055.jpg


資料館のようになっている部分はREXは入れないので

みんなで順番にREXと待つ感じでした



IMG_3680.jpg




製糸場の機械のあるこの建物内もREXは入れません

入れなかったのはこの2か所くらい、あとは外からの建物見学なので問題なしです





IMG_3682.jpg



群馬の盆地という土地柄、暑さを避けるために高床式になっているそうです

明治政府が生糸の輸出を目的にここに製糸場を造り、フランスから指導者に

来てもらったそうですが、フランス人はワインを飲む習慣がある

工女募集をしても「異人に生き血を取られる」との噂でなかなか集まらなかったとか






IMG_3705-1.jpg


たった1泊旅行なのに長~~い話になりました




REXの笑顔、一緒に行動できて満足してくれたみたいです

娘は誘っても行かなかったんですけどね



次回は夏ではなく暑さを気にしないような春か秋に違う所へ行きたいな

REXは年齢的にムリさせないとなると1泊が限界な感じ

でもまた良い思い出を作ろうと思います




  全部でなく 1つだけでも ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 軽井沢、富岡(長野、群馬) | 13:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |