うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま、でも頑張っているよ、REX17才

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あれから6年

椎間板ヘルニア手術をして脊椎軟化症も併発し命だけは助かったのが6年前。
下半身麻痺のまま、自由に動けずイラつくREXを相手に噛まれたりしながらも
排泄の世話は私しかやらせないので頑張ってきました。


100118.jpg


後ろ足の代わりに作ってもらった車いす。
この車いすが届いてから初めて装着した時のREXの
輝いた顔は忘れられません。


008-1.jpg


10才だったREXも16才になり白髪も寝る時間も増えてきました。
先週獣医さんのトリミングをした時に驚いたのが体重です。
だいたい最近は5.4kg~5.6kgの範囲だったのですが
4.9kgまで落ちていました。
別にダイエットしている訳でもなく食事の量を減らしているわけでもなく。
シニアわんこは自然に体重が減ってしまう子がいるんだとか。
それにしても普通に歩けていた3,4才の頃は7kgあってもデブでなく
OKと言われるほど体格が良いデカチュアでした。
それが4kg台とは・・・   年には勝てないんですね。

DSC_0060.jpg


6年間、REXの世話をしてきて介護というほどではないけれど
途中泣きたくなる事もありました。
体調が悪くても待ったなし、他に頼める人もなし、
それでも機嫌が悪ければガブッ!としてくる事もあったりで。

そんな事も試行錯誤を繰り返して今は平和なシニア生活しています。
全身が衰えてきているからかポワワワワ~ンって感じかな。

今も困るのは朝早く起こされること。今朝は2時45分。
その時間に朝ごはん食べて、圧迫排尿とウンP出しして。
REXはその後すぐにまた寝ます。私は目が冴えて眠れなくなります。
せめて4時だとだいぶ助かるのですが・・・

6年経ったんだな~~
自分で言うのも何だけど飼ったからには最後まで面倒みなくっちゃ。
今のREXを見ていると20才も夢じゃない気がしてきます。
勝手にオレ様の寿命を決めるんじゃない!って言いそう。

そうそう、REXは息子が2才の頃にきたせいか仲良しです。
10才で歩けなくなってしまった時、息子は中学受験でした。
去年末になってしまった胃捻転、年が明けて息子は大学受験。
受験の時に命にかかわるような大きな病気になっています。
偶然だけどREXが厄を背負って息子を助けてくれてる気がします。

大病を患っても復活するREX、すごいなと思います。
命があれば美味しいものも食べられる、一緒に出かけられる、
お友だちとも遊べます。

さてまだまだ私も頑張らないと!!





   


     人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 思い出 | 14:15 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2003年2月18日 過去日記

ネットを始めた頃からREXの日記はHPを作ってUPしてきました。
HP内の日記もいつからかブログに変更になりその時に過去日記は
別の所に一応保存してあります。(プリントアウトも含む)

過去日記の同じ季節で今回選んだのはREX3才2月。
今のように病気が中心だったりせず普通のダックスを飼っている家庭の
何気ない日常ばかりです。


2003年2月18日

テストを控えた娘が早めに帰宅したので暖かいしREXの散歩は子供達も連れて
3人と1匹で行きました。
(普通の親ならテスト前で早く帰ってきたら勉強させるのでしょうか?)

REXをグラウンドで思いきり走らせました。
その姿を見ると「カッコイイ!REX、ステキ!」って毎回思います。

最近は道路をただ歩く散歩ばかりだったのでノーリードで
ちょっと距離のある走る姿はものすごくカッコよく見えます。


rex001127c.jpg

偉大なる親ばかの戯言です(^^ゞ



2003年は娘が中1、息子は幼稚園児でした。
REXが走る、それが当たり前に思っていた毎日。
今の生活を想像するわけもなく。

ただ前のようにお散歩しているワンちゃんを見ても
「歩けていいね」って思わなくなりました。
ただ笑って見れるようになりました。
なぜかな~?って考えました。

答えはREXだけじゃないって実感できるようになったからでした。
ここ、このブログを通してたくさんのREXと同じお友達に出会いました。
会ったことはなくても伝わってきました、飼い主さんのそれぞれの思いがたくんさん。
ヘルニアでなくても違う病気と闘っているお友達もいます。
本当に頭が下がります。優しい飼い主さんで良かったねって思います。
私は優しくはなかっけどだんだん優しくなれてきている気はします(´Д`υ)))
時々、昔の日記を掘り返してみると忘れていた気持ちが蘇り
また違った目でREXと接する事ができそうです。


今週水曜のお休みdayは少し暖かくなってきたので
予定が入らなければ近くのカフェへREXも連れてマッタリしてこようかな?



< お魚の話 >

昨日はコリドラス(パレ、白)を2匹ずつとグッピー♀3匹お買い上げ。
心配なのはコリドラス、しっかりエサが食べられるようになれば安心なんだけど
デカイ、強いヤマトヌマエビに負けるな~~



         励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

       にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


               人気ブログランキングへ

| 思い出 | 04:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダイニングチェアー修理

15年前に買ったカ〇モクのダイニングセット

家具は1度買うと何年も使うからと理想を求めて探したのがこれ↓

IMG_1409_20140510154741355.jpg

移動がしやすいようにキャスターつき

ソファー並みの座り心地の大き目のイス


今年3月、何か黒い破片がこのテーブルの下に落ちる事数回

それはキャスター部の破片だった

15年の歳月で日光に当たったりして劣化し誰かが座るたびに割れたものだった

どうせ修理するならキャスターだけではなく布地部分も交換したい


修理依頼で見積もりを出してもらうとなかなかのお値段

新品よりは安いけれど・・・としばらく悩んだ


けれどこのキズ↓が修理にしようと決断(大袈裟)させた

IMG_1629.jpg


REXが子犬だった時に噛んだ跡

キズも家族の歴史、そう思ったら修理に決定!



交換部分を注文してから部品が揃うまで約1か月、本日やっと修理完了

布地部分は前回とは違うデザインのものに

(私、いつもこのイスをクルリと回転させて右側のPCに向かってます)

IMG_1628.jpg


クッション部分も交換されているので座り心地がまるで違う

15年座り続けると凹むものなんだとビックリ

うちの場合はかなり長くもった方だったらしい

床がフローリングだともっと痛みも早いとか

今日来てくれた修理の方の家にもダックス♂がいるそうで

話もはずみながら作業してもらった

REXを見てヘルニアの話になり、さっそく次の休みにフローリングの上に敷く

物を探してきますと言ってくれたので嬉しかった

目の当りにREXのようなダックスを見たらそう思うのも当然かな?



それにしてもキャスターが壊れるのがもう少し早ければ消費税5%ですんだのに・・・




            励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

       にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


               人気ブログランキングへ

| 思い出 | 16:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ついこの間のよう

REXの膀胱炎ですが、尿のニオイがかなり改善してきました。
抗生剤の効果はあるようです。



そして少し前にREXのパピー時代の写真をとのリクエストがありましたのでUPします。

これはワクチン接種も終わり最初の散歩に出た時のもの。
桜の花びらが舞い散るまだ肌寒い季節、2000年4月です。

rex000408a.jpg

足が太くて今思えばなんちゃってミニチュアサイズになる要素十分でしたね。
太っていないのに7.5kgまで成長して、あの頃6kg以上のダックスが
登録できる『ちーむでっかい』(No.089)にも入れてもらっていました。



耳の毛がクセっ毛でお父さんがブラタンなので背中は真っ黒、
その背中の真っ黒な毛も今では全くなくなり普通のレッドと言われる
色になりました。


rex000422h.jpg


2回に及ぶ椎間板ヘルニア手術で背中の毛を剃ってしまうたびに
生えてくる毛は茶色になっていきました。

あれから13年半、いろいろあったけれどこの写真を見ると当時の事は
ついこの間のように思い出されます。
社会人の娘がまた小学生だった、だから私も若かったんですよね~~(笑)

REXは東京三鷹にあるペットショップで見つけました。
と言ってもそこにはいなかったのです。
あの頃は空前のダックスブーム、ブラタンの子しかいませんでした。
クリーム色は特に人気で高額にもかかわらず片っ端から売れていく。
そのショップの店長はプードルのブリーディングもしていたので
アプリコットのプードルをものすごく薦められました。
頭が良くて飼いやすいですよと。

プードル人気が出る前だったのでとても安かったのだけは覚えています。
けれどあの頃はコーギーとダックスのどちらかと決めていました。
娘が抱っこできるとなるとダックス、しかもブラタン以外でという条件がありました。
結局、他の支店にレッドのダックスがいるということで送ってもらったのがREX。
見た瞬間一目ぼれ。。。。
あの時はまさかこんなに波乱の生活になるとは夢にも思いませんでしたが(^^ゞ

REXパパは今だ冗談まじりに言います。
「あの時、あのプードルにしておけば・・・」と。
私にその選択はこれっぽっちもなかったのでスルー(笑)

その後、テディベアプードルの流行でアプリコットプードルがあんなに
流行るとも思ってませんでしたが。


出会いはいろいろです。
何があっても最後まで一緒に生活していく覚悟って最初はわかりません。
長い年月をかけて芽生えていくもの、そんな風に思います。
乗り越えてきたモノがたくさんあればあるほどこの先も何とかなると思えてきます。


10日(火曜)、東京地方はおかしな天気でした。
午前中降った雨が昼には止んで晴れてきて、また3時前後に土砂降り。
でもちょうど仕事帰りの頃にはまた止んで青空。
家に着いた途端に見えた大きな虹。


IMG_0010.jpg


今まで端から端まであるしかもこんなにハッキリした色の虹は
見たことがありませんでした。
急いでカメラを持って写真を撮ったのですがカメラがカメラなだけに(泣)
ほんの何分かでしたが幸せ気分になれました。


            励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

       にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


               人気ブログランキングへ

| 思い出 | 05:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだ0才だった夏

仕事ヒマです。
何か置いて行ってくれればいいのに何もない。
みんな社外で、私1人。電話さえ本日1本もかかってこず。
こんな日は時間がと~っても長く感じてヒジョーにツライ

が、何となくそんな気もしてたので、家で画像処理保存、
こういう時に更新




話題もないので『思い出』のカテゴリーに頼ることに。


REXがまだ生後7か月くらいの時の写真。
子ども達もまだ小さい。

この頃は子ども達にだけ甘噛みするので「ペロペロだよ~」と教えている所かな。
リボンつけているって事はトリミング行ったばかり、
この頃はどこのトリミングに行ってたんだかそれすら覚えていない。
一番最初の獣医さんだったのかな~?

rex000624c.jpg






夏休みも終わった最初の週末、海水浴客もいなくなった湘南海岸で
はしゃぎまくる長女、次男、長男。

小学生だった長女はもうすぐ24才、長男は16才で身長176cmになった。
13年の歳月は子どもの成長と照らし合わせるとビックリする。
REXも全力疾走していた。

rex000915n_20130725082438.jpg


海水でずぶ濡れになり、この汚い状況でどうやって車に乗せて帰ろうか?と悩んでいたら、
乾いた砂の上でゴロゴロ転がって余計に砂まみれになったREX。

rex000915p.jpg


こうして昔の写真を見ると若い頃とシニアになってからの違いが実感できる。
人間の子と比べたら見た目はそんなに変わっていないけど
耳の聞こえは少しずつ悪くなっている。

私だって年を取るわけだ~~

今この幼い長男次男を車に乗っけてオフ会で知らない土地まで
出かけるなんて考えられない。
あの頃の私、かなりマメだったんだな
自分の変化にも驚かされる ← REXにお互い様と言われてそう



            励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

       にほんブログ村 犬ブログ 車椅子犬へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ


               人気ブログランキングへ

| 思い出 | 13:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シュン君が旅立ちました

以前エルモさんからいただいた写真、使わせていただきます。
私が好きな写真、笑顔のシュン君

5 (2)

幼なじみのシュン君が8月4日、虹の橋へ旅立ちました。
元気になれ!とエルモさんの懸命の介護もとても大変だったでしょう。
少し前に食事も小さな形のあるものが食べられると聞いたので
このまま回復してくれると信じていました。

でもご家族全員が揃って見守る中、虹の橋へ旅立ってしまいました。
「シュン君、家族がみんないる時を待っていたのね、いい子だね」と
遠くから手を合せました。





シュン君光太郎 そしてREXの3頭は幼なじみ。
光太郎がREXより1か月お兄さん、シュン君がREXより1か月弟な感じの3頭。
私達がワンコを飼いだした1999年~2000年頃、
今のようなブログではなく自分のHPを作ってお友達を増やしたり
メーリングリスト(ML)で繋がってオフ会に参加してました。

エルモさんがシュン君を飼い始めた頃、月令の近いダックスのHPを探していて
見つけたのが私のHPだったそうです。
トイレトレーニングに苦労していた事ばかりの日記や親ばか写真、
そして掲示板だけのHP。
そこから始まった交流は12年以上ずっと続き、
少し前からMLで知り合っていたはむりんさんちのコーギーの光太郎
(おととし秋に虹の橋へ)とシュン君とはよく会ったりしていました。



rex021216d.jpg

2歳前後の頃の写真。左がシュン君、右がREX。
いつもREXはシュン君にしつこくてそれでも怒ることもなく
ウルウルお目目で「ママ、助けて~」とエルモさんを求めてました。
若かった頃はシュン君もREXも病気を抱えながら老後を過ごすなんて
全く想像もしないで楽しく過ごしていました。


こちらは、はむりんさんからリンクを貼らせていただいた懐かしい写真です。

       2002.12 横浜 都筑公園

       2005.11 川崎市 東高根森林公園



これがシュン君に会った最後の去年3月。

031-2.jpg

右からシュン君、真ん中は光太郎の妹分の螢ちゃん、そしてREX。
この時11才のシュン君はランでも他のワンコの輪に少し入れるようになり、
REXはしつこい性格がなくなり、それぞれ年と共に大人になるんだねと
思ったのがついこの間のようです。(その記事



この記事を書きあげるまでかなり時間がかかりました。
なんでこんなに気持ちが重く悲しみがこみ上げてくるのか?
もちろんよく知っているお友達がいなくなってしまった悲しみ、
それはわかっているのです。
飼い主同士何度もランチをしたり犬バカ話で盛り上がったり、
たくさんの悩み事も話し合ったり、だからわが事のようにも
感じてしまうのかな?とも。

でも飼い主であるシュン君のご家族、ことさらエルモさんの悲しみを
考えると、自分の時はどうなってしまうのだろう?という恐ろしさが
襲ってくるのです。光太郎の時もそうでした。
今横にいるREXを見ていると
「幼なじみのみんなは行っちゃったんだよ」
ってつい涙がこみ上げてきてしまいます。


シュン君は光太郎とも会っていろいろ懐かしいこちらでの話を
しているのかもしれません。
あちらの生活の様々な楽しい事を光太郎に教わっているのかもしれません。

REXはまだまだ最後の砦(エルモさんに言われました)で頑張るね。
毎日が本当に大変で昨日の夜も「なんで?」と思わせる事もあるけど
REXにはできる限りの事をします。

シュン君、これからは光太郎と一緒に空の上からREXを見ていてね。
たまには「ポチャコさんを困らせないように!」ってREXに言ってやってね。
それとも「ポチャコさん、もっとREX君の気持ちをわかってあげてください」
って言われちゃうかな?


シュン君、本当によく頑張りました。
本当にありがとう。。。。



励みになります ポチッとクリックをお願いします♪

人気ブログランキングへ

| 思い出 | 04:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12才になりました

クリスマス寒波がやってきているというイブの今日、REXが12才になった。
午後、「お散歩行く?」って聞くと行く行くモード全開。
寒さなんて何のその、軽い足取りで短時間のお散歩終了。


1-IMG_1776.jpg



今回、私からREXへのプレゼントは毎日の必需品の洋服。
いつもお世話になっているお店にお願いし
愛用している西○屋さんのベビー服を渡して
REX仕様の服を作ってもらった。
人間は手足は横から出ているけれどワンコは下に出ている。
その違いで前足の動きや着せやすさもかなり違いが出る。

いろいろと相談しながら出来上がってきたのがこの2着。

1-IMG_1770-002.jpg

1-IMG_1775-001.jpg


さすがに生地がしっかりしていてオムツ交換の時にたくし上げるのも楽。
首周りのサイズも胴の長さもピッタリで今後もまた夏になったら
涼しげな生地で作ってもらおうと思っている。


そしてケーキはいつも手抜きだったけれど今回は『アトリエWaf』さんに注文。
事前にREXの写真を送って作ってもらえる。
耳の先の毛が黒くなっているのまで再現してあったのにはビックリ。

たぶん自分の分身のように可愛いケーキであろうとも
瞬殺であろうに違いないと事前にケーキだけの写真も忘れずに。


1-IMG_1783.jpg


でももうこの瞬間からこれは自分が食べられるものだと
わかっている素振りだったREX。
おとなしく待てできそうな雰囲気ではなかった。

というわけで右から伸びる手は私で必死に「マテマテ」言いながら
パパが写真を撮るって感じで。


1-IMG_4617.jpg


「ヨシ」の一言で予想通りにあえなく一口で分身はサヨウナラ~~


1-IMG_4620.jpg



注文時、「好きなものを書いてください」とWafさんから聞かれていたので
「固いものが好きです」と返信したら「クッキーはかなり固いです」との事。
周りに取り囲んであったそのクッキーもいつも鍛えているREXにとっては
何でもない固さで全て完食するのに1分かからず終了~~

今日はいつもより豪華なオヤツだったとREXが感じてくれればそれでヨシ。

その後は家族4人で毎年恒例のホームパーティ
船便で遅れて到着した今年2本目のボジョレーヌーボーを飲みながら。


1-IMG_1773-001.jpg


来年の13才にまたガツガツとケーキが食べられるように
願いはそれだけ(笑)


REXの誕生会が終わるとクリスマス本番は明日25日なのに
もう何もかもが終わった気分(^^ゞ
子ども達へプレゼントを枕元に・・・ってのも今はもうなくなったし。
皆さまは明日楽しいクリスマスを過ごすのかな?
素敵な時間をお過ごしください


全部でなく 1つだけでも ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 22:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11年前、夏の終わり

いつまでもブチャイク寝顔じゃ何なので・・・




週末からビックリするような涼しい毎日

暑さから解放されてREXも元気に家の中を前足でピョンピョン

やっぱり動きが鈍かったのは夏バテ気味だったのかも




新しい写真がないから古い写真をUP


REXはまだ8カ月、11年前9月の湘南海岸

rex000915n.jpg


先頭を行く娘は小学5年生、追いかけるREX、息子まだ3才

その子ども達も今月26日、22才と14才になります



rex000915i.jpg


右側走っている息子はすでに身長170cm

まだまだ大きくなって欲しいな~



REXもガンガン嬉しそうに走ってます


rex000915k.jpg


この頃はこの頃で楽しかったけれど

今は今で穏やかに落ち着いて過ごしています

やっぱりREXが一番辛かったのは椎間板ヘルニアを何度も

繰り返していた7年間だったのかもしれません

痛みから解放され、ちょっと不自由さはあるけれど

きっとこの生活も満足してくれているはず・・・・


最近のREX、朝のお目覚めが少し遅くなって4時半に

30分違うだけでも楽になりました

明け方、明るくなるのも遅くなりだんだん秋も近づいて

ってまだ早いか


  全部でなく 1つだけでも ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 04:20 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた懐かしい写真

もう成人している娘が4才の時の写真、抱いているのはヨークシャーテリアのミミ。

懐かしい写真です。


IMG_0030.jpg


私が社会人2年目に室内犬がどーしても欲しくて両親に内緒で

いきなり連れてきた子です。

この時実家には番犬の黒柴ジュンがいました。


IMG_0063.jpg



先日、最近のヨーキーの毛色が薄くなっているという話を聞きました。

ミミはずっと背中が真っ黒でいつになったら輝くようなシルバー色になるのだろう

と思っていたのです。でも今はこういう黒い子が珍しいと聞きました。


2頭飼っていた所へ今度は父が道をさまよっていたポメラニアンを保護してきました。

警察や保健所にも連絡をしましたが飼い主が見つからずそのままうちの子になり

チャッピーと名づけられました。


IMG_0053.jpg

保護したときにはかなり衰弱し汚れていたので捨てられていた可能性があります。

それでもこんな笑顔で何の問題もなくミミと生活していました。



ナゼこんなに古い写真がボコボコ出てきたかといえば、今年5月両親が金婚式を迎えます。

家族みんなでお祝いをしようと考え中ですが、

まずは古い写真を整理してフォトブックを作ろうと考え

実家から大量のアルバムを持ち出しスキャンしまくっていた中出てきた写真です。


こうして見ていると、私の両親は難しいことは何も考えず

とにかく目の前にいる子がカワイイ、それだけで育てていたんだと思います。

今だにネットもできないので、十分な情報もなくただ愛情のみで犬を飼ってきました。


ミミもチャッピーもジュンもずいぶん前に虹の橋に行ってしまいましたが

この写真を見ているとあちらから今も両親を見ているんだろうなと思えてきます。



写真って月日が経ってから見るといろいろと思うものがあります。

REXの写真もいつかそんな風に見る時がくるのでしょうか・・・・



  全部でなく 1つだけでも ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 05:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悲惨なクッション (思い出)

今となっては考えられないことですが、

やっぱり小さかった頃にはいろいろとやらかしてくれました

和室の畳の大きな穴もそうだし、クッションもこんな風に・・・





rex000701a.jpg



まだREXの毛が短いのでこれは4,5か月くらいの時かな?

お子ちゃま顔で大喜びの破壊活動

どこかで貰った古~~いどうでも良いクッションだったので

怒りもなく、あぁぁぁ、やったね~~くらいの感じで

思わずシャッターをきったんでしょう


今になってみるとこんなヒトコマがとっても懐かしいです



  全部でなく 1つだけでも ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 05:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リフォーム(思い出)

昨夜のサッカー日韓戦、勝てて良かった~~

延長戦後の、本田選手の最初のPKは直視できませんでした。

入ったってわかってからはしっかりその後は見れました


毎朝REXに4時には起こされているのでこの試合は見たいけどどうしよう~~と。

実行したのは7時就寝、10時半に息子に起こしてもらうというアホな母親

そして再度寝たのが1時半、起きたのが4時(爆)



昨日の医療費関係の記事にたくさんのコメントを寄せていただきまして

本当にありがとうございますm(__)m

お金に関することなのであまりに露骨でちょっと躊躇していました。

でもこんな例もあると知っていれば今後の対策もしていただけるかもしれないし

10年で130万弱ということで月に福沢さんお一人を積み立てていれば

REXクラスの医療費は対応できます


という事で、今日は今までにやってきたリフォームをUPしたいと思います。

医療費以外にもかかります


rex000715d.jpg


これはREXがまだ1才になる前です。

リビングはもともと絨毯敷きでした。

(後方に見えるのは突っ張り棚を縦に使ってREXが行かないようにする柵。

今ではこのツッパリ棚はトイレ上空にてティッシュ箱置き場として活躍してます)


2000年7月 (REX7ヶ月) にトイレトレーニングの失敗が重なり

絨毯はチッコのシミシミシミ・・・・

それに耐えられなくなってフローリング工事をしました。


rex000910a.jpg


フローリング後の写真がこれです↑。

フローリングは滑ります。椎間板ヘルニアには脅威のシロモノです

4才でヘルニア手術をした獣医さんに

 「退院するまでに絨毯にしなさい」 と言われ

慌てて今のタイルカーペットをフローリングの上に置きました。


91_1.jpg




そして和室の畳もリフォームしています

2000年9月8日(REX8ヶ月)、REXのホリホリ行為で和室の真ん中に

大穴が開きました  写真が残っていないのが残念。

知り合いの畳屋さんに来ていただき今後このようなことにならないためにも

イグサではなく和紙の素材の畳表にしていただきました。

和紙といっても見た目は普通の畳表です。

でもささくれ立つようなことはなく目もつまっていてあれから10年経った今も

大丈夫だし日焼けも起こしていません。

ハイテク技術でダニやカビの発生を抑えてもくれるらしいです。

ただ和紙なのでイグサのあの心落ち着く香りはないです(泣)




010-2.jpg



これらのリフォームは1才前のこと。

仔犬の頃なので仕方ないって言えば仕方なかったのかな~~


福沢さん~~~ 


  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 05:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年前は雪がよく降った

REXを飼いはじめた頃はブログというものはなくて

REXのホームページを作ってそこに無料レンタルの日記を

リンクさせ日々の様子を記していた。

その時に使っていたのが『さるさる日記』。

今もそのさるさる日記はちゃんと残っていて消えていない。

懐かしくて10年前、2001年1月の日記を読んでみた。

すると1/7夜から雪が降り始めて1/8の朝は銀世界だったらしい

しかも積雪は20cmくらい


その時の写真がこれら↓


rex010108e.jpg

rex010108b.jpg

rex010108a.jpg


まだ1才のREX、初めての雪にお腹に雪玉をくっつけながら

たくさん走ったりして遊んだ

尻尾もあるし、10年後が今の状態になるなんて想像すらしていなかった。

1月の雪はこの後、21日と27日にもかなり積もったと書いてあった。

10年経った東京、雪は降るのかな


  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 17:04 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年はどうしようかな~

REXの誕生日1週間前になりました

今年の誕生日はどうしようかな~?と考えています。

そこで今までの誕生日ケーキを並べてみました。

子ども達とどんなケーキにしようかと相談しながら

一緒に作る事が多かったです


rex001224j.jpg

1才、最初の誕生日。

誕生日が12/24のクリスマスイブなので人間用のケーキを作ってます(^^;;;

REXは写真のみ、食べられたのはクリームなしの

スポンジ部分をちょっとだけ



rex011224d.jpg

2才のケーキ。これも人間用で写真撮影のみ。

一応、ローソクが2本立ってますね(笑)


rex021224i.jpg

3才はチーズケーキ

ほぼ娘が作りました。



rex031224k.jpg

4才のケーキ。

この頃までの写真は残ってます

5才以降の写真はPCが壊れた時に消えました




rex011224a.jpg


そして子ども達はこんな絵も書いてくれます。2才誕生日の時。

よ~~く見ると『三田三』って・・・・   サンタさん(爆)

小学生が考える事はおもしろい


rex031224e.jpg

絵は残ってないけれど、写真で残しておくといいですね


これはREX4才の誕生日の時の絵。

『Happy Birthday』が英語で書けるようになってます




今年はREXの分だけちゃんと食べられるケーキを作る予定

REXのことだからどんなケーキでも食べるでしょう

娘の都合で26日(日)になりますが恒例の絵も書いてもらいましょう

人間用のケーキ、安く売っていないかな~




  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 05:00 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い出と新たな出会い

先月虹の橋を渡ってしまったコーギーの光太郎

飼い主のはむりんさんのショックは想像できないほどだけど

私もずいぶん引きずっていた

光太郎は虹の橋でどんな生活をしているの?

病気の苦しみから解放されて幸せにしている?

飼い始めた頃から共に成長を見守ってきただけに

今もどうしているのかな?と気になってしまう。



そんな時、10年前の写真を発見

まだ光太郎が8ヶ月(11月生まれでこれが翌年の7月なので)

娘(小6)とジャレ合っている


7092-2.jpg


この後、光太郎はいろいろあって気軽にナデナデできなくなってしまった。

だからこんな風に触れ合えた頃がとても貴重で懐かしい。


7092-1.jpg


娘も今や大学3年、本当に月日の経つのは早く感じる。

月日、時間だけが悲しみや辛い事を乗り越える薬なのか。


いえいえ、はむりんさんの元に先日新しい家族がやってきた

名前は蛍ちゃん、6ヶ月のコーギーの女の子。

新しい家族の蛍ちゃんの存在は、光太郎にとっても安心するに違いない。


蛍ちゃんが新たな生活に慣れていくまでいろいろ大変だけど

それはきっと光太郎が見守りながら良い方向に導いてくれるんじゃないかな?



年が明けたら光太郎兄ちゃんの幼なじみのREXにも会って欲しいな~

REXはとっても若い女の子に対してどんな反応をするのか今から楽しみにしているから




  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 06:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大きくてもヘッチャラ(思い出)

REXはわんこに対してとってもフレンドリー

その点はとっても良かったと思っているところだし

私も様々な場面にREXを連れて行って楽しい思い出がたくさんあります。

その中で写真が残っていたので今日はそれをご紹介



ここは吉祥寺にあるドッグカフェ『CHECK→CHECK』さん。

REXが2,3才だったと思いますが、お店の看板犬アイリッシュセターの

かんじ君と、と~~~~っても気があってしまいました

アイリッシュセターとレッドのダックスってよく似ているんですよね、

サイズと足の長さ以外は(笑)


rex020416-d.jpg

手前がかんじ君、奥にいるのがREX。




rex020416s.jpg

かんじ君がゆったりかまえてくれるので

いい気になったREXが容赦なく乗ろうとしてます(^^;;;




rex020416t.jpg

ちなみにかんじ君はオス犬です(爆)

そんな事はREXにはどうでもよくてとにかくスキスキアピール

かんじ君もその気になってくれたようです

(なんかちょっと怪しい内容???)



rex020416y.jpg

ラストの1枚はあり得ないほどの抱擁ショット!

フライデーも真っ青


かんじ君、まだ元気なのかな~? 






  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 05:30 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1才~3才の誕生日プレゼント

REXが3才までの誕生日プレゼントは手作りの洋服を作っていました。

この頃はまだ息子も小さく私も専業主婦でヒマだったので(笑)



rex001224p.jpg


これは1才の最初の誕生日に作ったフリースの服。

これが簡単なのになかなか使える品なのです。

ウエストにはベルトを付け、尻尾の部分は輪になったものがあって

尻尾にひっかけると服がずれたりしません。

生地が残っていたのでマフラーまで作りました。


rex001224f.jpg


しかも息子にもお揃いのマフラー。

rex001224e.jpg


それにしてもこのREX、とても1才には見えない貫禄(^^;;;



rex011224k.jpg


2才の誕生日のがこれです。

これは胸の部分にファスナーを取り付けバイアスも付けました。


rex011224g.jpg




でもやっぱりかぶるタイプの服は着せにくい、脱がせにくい、

腰にも負担がかかるので1才の時の服より出番がなかったです。



rex031224l.jpg


そしてこれが3才の誕生日のセーター。

首もとっくりになっているので暖かな1枚。

編み物はミシンかけるより好きなので楽しく作れました。


rex031224o.jpg



という訳で4才以降は手作りはやめてしまいまして

その時に必要なハウスだったりそんな感じで10才になってます。


来月24日クリスマスイブがREX11才の誕生日。

今年はどうしようかな~~???



  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 06:00 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

光太郎、ありがとう

昨日、コーギーの光太郎が虹の橋を渡りました。

唯一、友達のワンコで呼び捨てで呼んでいた光太郎。

誕生日は来週なのに11才を待たずに行ってしまいました。

お友達のはむりんさんが光太郎を生後4か月で家族に迎い入れ

その後間もなく私はREXを飼い始めました。

光太郎は最初からトイレトレーニングが完璧で

どうにもこうにもトイレがうまくできなかったREX。

悩みはいろいろで飼い主同士一緒に成長してきたように思います。



この写真は1才の頃、横浜都筑の公園で遊んだ時のものです。


rex010306h.jpg

    REX 「光太郎、あっちに何かあるよ」

    光太郎 「どこどこ~~?」

そんな会話が聞こえてきそうな写真。


rex010306i.jpg

そして2頭で同じボーズ。

視線の先には大好きなシュン君がいたと思うんです。

光太郎もシュン君もREXもこの頃には将来病気を抱えるであろうことなど

飼い主はこれっぽっちも思っていませんでした。



数年前から光太郎は血管肉腫という癌と闘っていました。

はむりんさんの全力のお世話がなければこんなに長く頑張れなかったでしょう。

いつもブログを読むたびにはむりんさんだから光太郎の世話ができる

そう思って読んでいました。

会いたくても光太郎も具合の悪い状態が続き外出さえできなくなり

その間にREXもこんな状態になってしまいました。


ずっとずっと一緒に大きくなってきたと思っていた光太郎だったから

虹の橋を渡ったとの連絡を受け今は悲しみでいっぱいです。


でも頑張って頑張って頑張ったから「もう休んでいいよ」と神様に許されて

高い所にのぼって行ったと思うから

「ゆっくり楽しい夢を見ながら休んでね、ありがとう」と伝えたいです。


いろいろな公園で遊んだ事、ずっと忘れないからね。

REXの事、上からしっかり見ててね。

たまにはREXに「ポチャコの言うことをちゃんと聞けよ~」と叱ってね。

ポチャコもはむりんさんのように一生懸命にREXの世話をするから。。。。






  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 14:57 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輝く白い歯(5才)

124_1.jpg

この写真は5才の時に前立腺が大きくなっているので去勢した時

一緒に歯石も取ってもらった写真です。

顔の大きいREXは口も大きいし犬歯も大きいです。

ガゥられると恐怖~~(笑)


去勢をすると食欲が増すとよく言われていますが

REXは顕著にその傾向が出ました。

フードは子犬の頃から問題なく食べてくれてますが

外出先では全く物を食べる事はしないほど

食に執着はありませんでした。

なので散歩していても拾い食いは恐くなかったし。


それが去勢した途端に食欲魔犬に変身~~~



ちなみに現在の歯は・・・・またデジカメを娘が返さなくて撮れず



-------------------------------------------------------------

≪余談≫

 『天国からのメッセージ』ってサイト知っていますか?

未来の自分から手紙が来ます。

私ポチャコは66才で没だそうです(笑)

意外に早死でした(^^ゞ

-------------------------------------------------------------

  ポチッとクリックをお願いします♪

   人気ブログランキングへ

| 思い出 | 10:26 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友達大好き♪

昨日は寝ていた娘が朝のドタバタに気づいたらしく

気をきかせて甘いものでもって事で

新宿でワッフル買って帰ってきてくれました。

何も知らない息子、娘の弾丸のようにしゃべりまくる話に

ウンウンただうなづきながらワッフルを頬張っていました

大3の娘、そろそろ就活に気持ちを向けなければならないのに

サークルとバイトに明け暮れる日々。

12月中旬にサークルを引退するまでは就活できそうもありません。

でも今日の娘の優しさをみてうちの子、ちゃんと育っているって嬉しくなりました

心配の種はいろいろとあるけれど、心配できるうちが花なのかな 


--------------------------------------------------------------------



REXは平和な日が続いているので昔を振り返ってみます 

       (『思い出』ってカテゴリーを作りました)



うちの近所に野球、サッカーなどができるグラウンドがありました。

今そこは開発によって埋め立てられているので立ち入り禁止でもう遊べません

でも2年ほど前までは自由に出入りできるこの場所で夕方になると

あちこちからたくさんの犬が散歩がてら集まってきてこうやって遊んでいました  


rex040329e.jpg


REXもまだ3,4才の時で1回目の椎間板ヘルニアの手術も受ける前です。

小さい頃からダックスのオフ会に参加していたおかげか

他のワンコと遊ぶのがとっても好きで吠える事もなく遊べる子でした。


rex040329i.jpg


大きなワンコでも全く気にすることなくみんなで自由に戯れているって感じで。

こういう時のREXの顔はいつも笑っていて楽しそうでした。

難点なのは自分が大好きな子がいるとその子にしつこくしちゃう事でしたが


あの頃ここで遊んでいた仲間は今どこで散歩したりしているのかな



  ポチッとクリックをお願いします♪



| 思い出 | 10:46 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |