うちの次男

長男は人間の息子、次男がREX。REXは2回の椎間板ヘルニア手術&脊髄軟化症で後ろ足は麻痺したまま、でも頑張っているよ、REX17才

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

術後半年

130_1.jpg


数日前、懐かしい友人から電話があった。
もう10年以上も会っていないけれど娘が小さい時にお世話になった友達。
週末、それもあまりに突然の電話に近所にでも来ているので会いたいって言うのかな?と思った。
するとその友達の友達の飼っているSダップルのダックスちゃんが椎間板ヘルニアと診断され
獣医さんに手術をすすめられたのでいい病院はないか?と。
友達は今年私の出した年賀状(REXが術後のリハビリに頑張っているような内容)を思い出し電話したらしい。すぐREXのかかった獣医さんの詳細を教えた。で
もその後連絡はない。どうだったのかな?

このHPを見てメールも来る。
「手術した病院を教えて欲しい」というような内容で。
緊急を要するのですぐに返事をしたけれどその後それっきり。
同じ病気に苦しむワンコ達のその後はやはり心配なんだけど・・・
少しでも力になりたい、私達の経験がお役に立つならと思っているのに、
必要な事だけ聞いたらそれっきりって。

椎間板ヘルニア手術からちょうど半年、背中の毛もすっかり以前のように生え揃って
何事もなかったように生活している。
REXの足の運びは後ろからよく見れば麻痺のひどかった方の左足が少し内股ぎみかな?という程度。
無理さえしなければ何の支障もない。
今後は再発だけは気をつけながら痛みのないのんびりした生活を楽しんで生きたいと思っている。



| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

獣医さんへ(包皮炎)

128_1.jpg

今朝の事、「キャン」と言った後に腰が丸くなりまともに歩けない状態に。
REX自身もどうしちゃったんだろう?って感じ。
その後少し様子を見るうちにそろそろと歩けるようになる。
ところが今度はチンチンの先を舐め続ける。
あまりにしつこく舐めるのでちょっと見てみると黄色い膿のようなものが付いている。
今までに見た事がなかったのですぐに獣医さんへ。
いつもの先生は手術中だったので院長先生が診てくださる。
「『包皮炎』って知っている?」と聞かれてやっぱりそうだったと思いながら
「はい」と言うと先生は「疲れたりして免疫力が落ちると普段は大丈夫なバイキンにも
負けてしまってなったりするから」と。
基本的には去勢していようがしていなかろうが♂犬には多かれ少なかれこのような包皮炎はあるということだった。
処置は薄めたイソジンでの消毒。こちらの方はたいした事じゃなかったみたい。
それより先生は朝の歩き方が変だった事が気になると。
私が「やはり走らせたりするのはいけないんでしょうか?」と尋ねると
「一度椎間板の手術もしているし気分転換の少しの散歩程度ならいいけれど
疲れるほどの運動は止めた方がいいし走らせない方がいい」と。
またしても私ったらREXに対して逆効果な事ばかりしていたことになる。
日曜日の横浜もかなり歩いたし、ドッグランも走らせてしまったし。
ビタミンB6とB12を10日間処方してもらい様子を見ることに。
今思うとグラウンドで散歩して帰ってくると少しガウになって以前ほどではないけれど
シッポを噛んだりしていた。
運動すると背骨のどこかがうづいていたのかもしれない。
先生も「まだ若いから今まで運動でストレス発散していたものを別の何かで
発散させてあげる方法を考えてあげた方が」と言われた。
それって何だろう?手術して完治したと思っていたけれどやはり背骨の問題は
REXの一生の問題と思って過ごさないといけないみたい。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリミング

132_1.jpg

予約してあったトリミングの日。
朝一番の9時からだったので大急ぎで獣医さんへ出かける。
この前ここでトリミングしてもらった時はまだREXの足が不安定でシャンプーや
ドライヤーもお座りの状態でやってもらった。
今回はかなりしっかりしているのでその心配もなさそう。
狂犬病の予防注射のワンちゃんなどが何頭か来ていて病院内は結構混んでいた。
REXをお願いして外に出ると1頭のスタンダードスムースの男の子が待っている。
あまり見ないスタンダードなので連れていたおじ様に話しかけてみた。
体重は9kgだそうでスタンダードと言っても昔ほど大きくないと言っていた。
スムースの毛並みはなめらかでロングとは全く違う。カッコいいワンちゃんだったな~

1時間少し経った頃にトリミングが終わったとの電話がありすぐに迎えに行く。
フッサフサのREXがトリマーさんに抱かれて奥からやってきた。
私を見た瞬間ジタバタと喜んでくれた(^O^)ウレシーーー!!
トリマーさんが「前回の時はフラフラしていたけれど、
今日はしっかり立っていてかなり回復しましたね」と。
いつもREXの診察をしてくれる女医さんも出てきて「REX来ていたんだ~」と声をかけてくれる。
そこでまた「こんなに去勢して効果のあった子はいないですよ」なんて話になって(笑)
トリマーさんも尻尾の回復ぶりもビックリしていてあとほんの少しだけ
毛の伸びていない部分があるけどすぐに伸びるねなんて言ってもらって。
今年初のフロントラインも今日シャンプーしたので週末にするようにいただいてきた。

帰りの車の中で様々な思いがよぎった。何が原因でシッポを齧るのかわからなかった頃、
椎間板ヘルニアになってしまった頃、あの頃はREXも本当に辛かったよね。
けれど今は桜が咲いて春になりREXも第2の人生(犬生?)が始まった感じかな?

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アリャ?

131_1.jpg

昨日、今日と2日間グラウンドへ行き運動。
少しだけ走ったりウロウロしたりする方がリハビリになるのか足の調子も良さそう。
けれど前足の運びが速すぎると後ろ足がからまわりして引きずってしまう事も。
なかなか以前のように完全には治らないね。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワクチン

朝のウンチを持って獣医さんへ。今日は5種ワクチンを受けに行った。
先生、REXを見るなり「カラーしていない!」と言った(笑)
シッポを噛んでばかりいたからカラーが当たり前のREX、
先生も去勢後にシッポを噛まなくなった事に凄く驚いていた様子。
こんなに去勢して変化が出るなんて先生も予想外だったよう。
「それだけ本能によってイライラしていたんでしょう。これでREXも楽だし、
ご家族も楽ですね」と言われる。本当にその通り!
検便も異常なし。体温も38.4度で異常なし。体重は5.8kg。
少しフードを増やしていたけれどそんなに増えていなかったし、5kg台キープで安堵した。
注射もいつもと同じく全然嫌がらず、終わった途端にシッポを振る。
先生、「REX~~、おとなしくなったんだね~。良かったね~」と言いながらナデてくれた。
帰りにトリミングの予約を入れたが混んでいて4/6まで空いていないらしい。
足裏がまたボウボウに伸びているけれどもう少し我慢!
帰ってからワクチンアレルギーの様子も見ていたが問題なし。良かったー(^^)
1ヵ月後に狂犬病予防接種とフィラリアの血液検査。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足の具合

今日は私が一日外出していたのでREXはお留守番。
外出先からまっすぐ息子のスイミング教室へ寄り帰宅したのが5時過ぎ。
それからすぐに散歩へ出るとちょうど外で娘とバッタリ。
なので娘の通学バッグとREXの散歩バッグを交換し散歩は娘へバトンタッチ。
けれどすぐに帰ってくる。REXが歩かなくて帰りたがってばかりだから戻ってきたらしい。
娘は「足の具合があまりよくないんじゃない?」と言う。
ちょっと歩かせてみると左足がいつもより内側に入って力がない。
寝て起きたばかりの時もヨロヨロしてちゃんと歩けないが、今日も一日留守番で寝ていたからなのかな~?
あまり大事にしすぎてもいけないし、かといってむやみに運動させてもいけないしとその微妙な加減が難しい。
自分の足で地面を踏んで歩けているけれどまだまだ完全な状態には遠いのかもしれない。
というより、完全な状態になる事なんてありえないのかな?

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抜糸

125_1.jpg

予定通り獣医さんへ抜糸に行った。手術してくれた女先生が抜糸も担当。自分で手術したんだから当たり前か?(笑)一応タマタマの糸も忘れないように伝える用心深い私(^^ゞ REXを抱いて仰向けにひっくり返してくれた助手の方の手際の良さにビックリ。私はいっさい手を出す事なく先生はパチンパチンと糸を切っていく。ずっと傷口に絆創膏が貼ってあったからはがした部分がテープカブレを起こして赤くなっている。その部分にかゆみ止めの軟膏を塗ってもらう。傷口はすっかりくっついて切ったなんて全然わからない。凄いな~、動物の治癒力って。体重はエリザベスカラーしていて5.9kg。最近フードの量を増やしているけれどそんなに増えてもいなかった。
これでREXの今までのモンモンとしていた治療も全て終わり。後はシッポを噛まないでいられれば・・・

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輝く白い歯

124_1.jpg

去勢の傷に貼ってある絆創膏は今だにしっかり貼り付いているのでその部分のナメナメは大丈夫!けれど朝からシッポのナメナメがどうしてもしたくて仕方ないみたいでそのたびに私にガツンと怒鳴られている。どうせ怒るなら何度も怒りたくないから気合いれて怒る。自分で言っていてもこれ相当怖いと思うんだ(^^; 
でもそのかいあってその後は一度言えば悪いと思っているみたいですぐにやめてその代わりにナデナデしてって甘えてくる。その時は思いっきりナデナデして「ちゃんとやめたね、おりこうだね」と褒めてあげる。
椎間板ヘルニア手術の時に剃った背中の毛はだんだん伸びてきているが色は茶色がほとんど。黒の差し毛が多かった以前の背中の色とは違うみたい。背中もまだ十分に毛が生え揃っていないし、今回の去勢で剃った部分もツルツルだし上も下も寒いREX(^^ゞ
今日は歯石取りをしてもらった真っ白な歯をご紹介♪ダックスにしては見事に大きい犬歯もこの通り輝いているでしょ(^^)

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タマタマに1針

123_1.jpg

タマタマの赤い腫れもだいぶひいてきた。傷口に貼られている絆創膏はまだちゃんとくっついているので舐める事はないけれどタマタマはたまに舐めるのでその時は叱る。シッポのナメナメは相変わらずやるのでまた赤くなってしまった。
エリザベスカラーをしていても届いてしまうのでお友達の日記で見た首にタオルを巻き、なるべくカラーが前の方へ行くようにやってみた。タオルをやらないよりやった方がいいけれどそれでも胴長ダックスは届いてしまう。ダックスの場合はエリザベスカラーより人間のムチウチの時にやるコルセットのようなものの方がいいみたい。そういうのも実際あるらしく獣医さんも「今度買おうか?」なんてスタッフの人と話していた。うんうん、ダックスがこれだけ多いんだから獣医さんで用意して欲しいと切に思う~。
手術の時にバリカンで傷つけてしまった部分がどこだかわかった。タマタマの皮膚に1針見えている。うっ!痛そう・・・ 抜糸の時はちゃんと忘れないで取ってください~!
REXの変化は、少しだけイライラは減っている感じはするかな?でもそれは手術後だから何だかまだ本調子じゃないってことなのかもね。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

退院

122_1.jpg

昨日はREXは今頃・・・なんていつも考えていたような。いつもいるのにいないって言うのは目が届かない分心配。朝9:20に獣医さんへ電話する時も昨夜何か急変が起きていたら?とか変な事考えちゃって。すぐに院長先生が出て「今日帰れますよ!」と言われてすごくホッとした。ちょうど娘が2時間授業で帰ってくるのでそれを待ってから一緒にお迎えへ。
11:15、獣医さんへ到着。何だか病院内がバタバタしている感じ。すぐに診察室へ呼ばれて院長先生から今の傷の様子などを聞く。どうやらタマタマの袋の皮膚が消毒薬でかぶれてしまっているらしい。たまにそういう子がいるみたいだけれどREXがそうだったみたい。抗生剤の飲み薬を6日分出してもらって、REXが連れられてきた。私が「REX~♪」と呼ぶとその声にもの凄く反応して喜んでいる。この反応が何より嬉しい。受付で会計をしていると奥の処置台の上に横になっている大きなハスキー犬。院長先生が「あの子は便秘で運ばれてきたけれどさっき呼吸が止まったんだ。点滴ももう5本目」と。かなり年齢もいっているみたいだけれど便秘でそこまでなるのは珍しいとか。何だか落ち着かない雰囲気はこの子がいたからなのだと納得。エリザベスしているからケージには入らないし、やっぱり娘がいてくれて正解!後部座席でREXを抱いてくれる人がいなかったら困る所だった。

11:50、我が家に到着。車を降りた所で少し道を歩いてウンチとオシッコ。すんなり出て良かった。家に入ると水をすごい勢いで飲む。すぐに手術の場所を気にするのでゲンコツをあげて気をそらす。しばらくはそれに夢中で私達も昼食を取る。少しだけ文句言っているかのようにガゥるREX。でもそれは本当に家に帰ってきてからだけだった。あとはひたすら眠る。

夜のフードの後、何度も舐めようとする。そのたびに私に怒られ「ウゥゥ~ン、ウゥゥ~ン」と不服な気持ちを表すような唸り声をあげる。これがREXの言葉なのね・・・と思いながら聞いていた。
何とか気にならないようにナデナデしてあげる。そんな時に上向きになったので胸や前足の付け根をマッサージしながら撮った写真がこれ。
絆創膏の下が縫った部分と思われ、タマタマ袋が赤くただれてしまっている。明日はもう少し腫れもひいてくれるかな?
歯石も取ってもらった歯はまぶしいほどの白さ!と言っても最近はゲンコツのおかげで前歯は真っ白だったし、少し気になっていたのは大きな犬歯の歯石だったからそれが真っ白ってすごく若い犬になったみたい(^^)

とりあえず夜中に起きてナメナメしないといいな。エリザベスカラーはしていても届いてしまうので全然役に立っていない(^^; 何か工夫しなければ・・・ 抜糸は19日(土)の予定。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

去勢手術当日

121_1.jpg

5時に目が覚めてしまった。大丈夫と思っていても落ち着かない。6時まで布団の中で待って息子と一緒に起きた。いつものようにREXは朝一番で撫でてって顔してこっちを向いていた。
大変だったのは私達の朝食後。いつものようにずっと私の後をくっついて「ゴハンまだ?」と見ている。さすがに8時過ぎた頃には「ボク何か悪いことしたかな?なんでゴハンくれないのかな?」って感じだったと思う。
9時過ぎに獣医さんへ到着。診察室で院長先生に体温(38.7度)と心拍、体重測定(5.9kg)をしてもらう。今朝はゴハン食べていないのに体重も少し増えていた。異常なしなので奥へと連れて行かれその後院長先生に質問等する。麻酔するのだからこの際歯石もあれば綺麗にしてもらいたかったので申し出る。院長先生もそれを言うつもりだったらしい。最後に「これでタマタマがなくなると子供は作れませんが」と念押しされたけれど、それに関しては全く一度もそんな事は考えたこともないのでハッキリと「大丈夫です」と答える。
受付で手術に関する同意書にサイン。OPEは院長先生ではなくいつも対応してくださっている女先生。全てお任せして帰宅したのが10時少し前。
麻酔が覚めてきた頃に電話が来る予定だったが11:20には電話が来てビックリ!確かに午前中にはと言っていたけれどもうREXは頭を持ち上げ始めていると言う。「何針ぐらい縫ったんですか?」の問いに「5針です」と。けれど可哀想な事にバリカンで毛を剃る時にちょっと切れてしまった部分があったらしい( ̄□|!! その部分も1針縫ったそうだ。うぅぅ、痛そう。そういうこともあるのかとも思ったけれどすぐに正直に話してくれて誠意を感じる。食事は今日は基本的にないが夕方あまりお腹がすいたと鳴くようであれば少しあげるかもと。水分補給の点滴はあると言っていた。明日の朝9時にこちらから獣医さんへ電話してREXの様子を聞き、退院許可が下りればお迎え。どんな顔しているのかな~?

今朝は主人と娘は特にREXのことなど何も話さずにいつも通りに出かけていった。心配していないわけでもないんだろうけれどちょっと寂しいよね。
一番小さい小1の息子は昨日からREXに対してとても優しかった。エリザベスカラーをつけていたから耳のあたりが痒くてもかけないREXに気付くとそこをかいてあげたり、今朝もいつも以上にREXに気を使って頭を撫でてあげていた。普段は憎まれ口ばかり言って反抗的な態度の息子なのに、本当はこんな一面があるんだな?なんて思った。

写真は朝「なんでゴハンないの?」な顔のREX。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

去勢手術前日

昨日、今日とまるで明日の手術を直感的に察知しているかのように何となく大人しく甘えん坊なREX。そんなにいい子だと私の気持ちもユラユラしてしまう。
尻尾の傷もかなり回復してきた。今日は夜8時までに夕食を食べさせ、水は12時まで。寝る前に水を取り上げておかなければ。フードはいつもより少なめにと。明日の朝は私達が朝食を取ってから病院に向かうまでずっと私のあとを付いて回って「ゴハンちょうだい」だろうな~~ うぅぅ、辛い!
朝9時に獣医さんへ連れて行くことになっている。手術は午前中に行われ、その日は1泊の入院。あさっては何時頃にお迎えなのかは明日聞く事になるのだろう。縫う糸はナイロン糸で10日後くらいに抜糸が必要なようだ。抜糸はこの間の手術で見ているので何となくわかる。痛み止めはもらえるのかな?この間の時も痛くて座ったまま寝ていたREX。そういう思いはさせたくないな。
明日REXを送っていったら心配で一日病院からの電話を待つことになりそう。どうか無事に終わりますように・・・そればかり。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シッポから出血

119_1.jpg

数日前からイライラしだすとREXは自分の尻尾をぐるぐる回りながら噛みまた赤みが出ている状態だった。そして昨日の夜、その尻尾から出血、今までで一番ひどい状態になっていたのでこれはもう獣医さんへ行くしかないと娘と一緒に受診。
ちょうど院長先生が応対してくださる。体温測定、そして体重測定。驚いたのは体重だ!なんと5.6kgまで減っていたのだ(^^; 先生はこれ以上減らないようにと言う。確かにガリガリのREX。ちょっとフードが足りなさ過ぎたみたい。ごめんよ~~。
尻尾噛みは椎間板ヘルニアの痛みに耐えそれが原因で噛んでいたのかと思っていたがヘルニア手術をしてその部分は治っているはずだからそれ以外の原因があるということになる。後ろ足の付け根の関節部分の神経のしびれや痛みがあると尻尾を噛んでしまう事もあるということだけれど、それを原因と特定するにはまた大変な検査になってしまってとても普通の獣医さんレベルでは対応できないらしい。院長先生は普段尻尾を噛む状況を私から聞きだし、取り合えず一つ一つ考えられる原因をつぶしてその経過を見ていくしかないと言う。こんな時に人間のようにここがこういう風に痛いとかしびれるとかイライラするなど言葉にできたならもっと対処も簡単なのにと先生もおっしゃる。とにかく今年中にしなくてはならないと考えていた去勢をする事によってイライラしている部分が男性ホルモンの影響だとしたら尻尾を噛む自傷行為もなくなるかもしれないということで、今月9日に去勢手術の予約を入れた。尻尾の治療はできれば毛を刈ってその部分に薬をつけ、包帯を巻いてテーピングするのがいいそうだけれどその場合、私が毎日それを取り替えなければならないというのでとてもガゥガゥのREXにそれはできないと言うと、ゲンタシン軟膏(抗生剤軟膏)を塗って抗生物質の飲み薬を一日2回服用ということで処方してもらう。手術前のレントゲンと血液検査も済ませてそれは異常なし。首には持参したエリザベスカラーを先生につけてもらい、これで難なく尻尾を舐める事もできなくなると思う(実際は尻尾まで届いてしまうのだけれど)。
椎間板ヘルニアという大きな手術を経験したからだろうか?以前ならもの凄く考えてしまっていた去勢手術はたいしたことがないように思えてしまうから不思議だ。今後何が起きてもたいして驚かないよね?と主人とも話した。少しでもREXが今後穏やかに楽しく過ごせるように、去勢が尻尾噛みに効果的だと本当に嬉しい。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足は順調に回復

REXの散歩は午後1:30から3,40分行く毎日。
グラウンドもこの時間は人と会わない事が多くとってものんびりできる。
足の回復は普通に歩くのには問題ないし、犬の事を知らない人には全くわからないくらいになった。
ただ少し走ったりすると足はもつれナックリングは起こる。
オシッコする時も足は上げないでしゃがんだまま。
でも太ももの筋肉はだいぶついてきた。
今年になって散歩に行き始めた頃に比べたらかなりよくなっている。
春になってお友達と公園で遊べる時には問題なく遊べそうだ。

今考えているのは去勢の時期。そろそろ獣医さんへ電話予約をお願いしようかな?

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グラウンドにて

117_1.jpg

今日は風は少し強かったが日差し暖かだったので昼過ぎから2ヶ月ぶりにグラウンドへ散歩。
グラウンドまでは抱っこして芝生に到着してから歩く。
今まで散歩はマンションの周りを1周程度の短いものだったので
グラウンドで歩くだけでも今までより長い距離になる。
けれどアスファルトより土や芝生の上だと足にも優しい。
REXもすごく喜んでいた。さすがに帰り時は動かなくなってしまってまた抱っこ。
筋肉がまだ以前のように復活していないからすぐに疲れてしまうのだろう。
少しずつ少しずつ歩く距離も増やしていかないと。
帰宅するとすぐにフトンの上で寝てしまった。疲れたんだろうね。
ガゥは今日も少しだけ。良いREXの時間が大幅に増えております(笑)

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリミング

116_1.jpg 116_2.jpg

今日も午前中は良いREX。
午後2時に獣医さんのトリミングの予約だったので予定通り連れて行く。
トリミング前の足裏の状態が左の写真。一度私がハサミで足裏の毛だけでも切ろうと挑戦したが普通のハサミでは毛が逃げてしまって全く切れない。
しばらくぶりのシャンプーと足裏の処理、変身REXが楽しみだった。
3時半にお迎えに行く。もともと耳もクセ毛でクルクルしているのに綺麗にブロー?されてまっすぐのサラサラヘア。足裏もこの通り(右の写真)。
トリマーさんのお話だと前足の爪きりは少し苦労したらしい。どうしても後ろ足で踏ん張らないといけないけれどその踏ん張りがREXは弱いから。でもなるべくシャンプー中やドライヤーの時は後ろ足に負担がかからないようにスワレをしてやってくれたみたい。感謝感謝。しかもREX、後ろ足の爪きりが終わって右前足に取り掛かろうとしたらトリマーさんの手を甘噛みして試したそうだ。そこでやめてくれるならラッキーだとでも思ってやったのだろう。けれどこれは無駄だとわかったら左前足の時はおとなしくしていたと言う。初めてのトリマーさんだったけれど今後は安心してお任せできそう(^^)

問題は帰宅してから。ずっと良いREXだったのに、帰った途端悪いREXに変身。相当なストレスがあったのだろうか?私達のいるリビングには来ないのでREXだけ娘の部屋でポツンとしていた。REXの言葉を借りれば「何であんな所でシャンプーや爪きりさせたんだよ!!」なのかな?(-_-;)
言葉が話せたら・・・結局いつもこうなると考えてしまうことだ。
明日は良いREXだといいな~

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

良いREX

115_1.jpg

今日はほとんどガゥらず。とにかく一日穏やかで可愛いREXだった。
こうなったのは何故か?私が推理するに一番考えられるのがフードをあげるタイミングだと思うんだけれど。やっぱり人間の食事が終わってしばらくしてからがいいんだと。そしてガゥったら相手にしない事。
でもそれだけの事でこんなに犬が変わってしまうなんて。
娘はあまりの変化に体の具合が悪いんじゃないか?なんて凄く心配した。
確かにヘルニア発症前はおとなしかったし。でもそういう感じではない。
とにかくこの良いREXの状態がずっと続くように接していかないと

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かなり改善された?

朝夕のフードは私達の食後30分ほどしてからになった。それまではとにかくフードが欲しくて尻尾フリフリ甘えてくるREX。朝からお香を焚き、バッチも水に入れる。主人が出勤した後、REXに朝のフード。コマンドをかけて少しずつ手から与える。その後の様子は・・・記憶に残っていないのでガゥらなかったと思う。
午前中、娘の通う中学の花の水遣り当番だったので私一人外出。1時間ほどして戻ると室内に入って歩く私にガゥ。とりあえず向かってくるのではなくREXのそばを通るとそうなるだけなので怖くはないけれどムカッ!でも何も態度に変化を見せず興味を示さないのを装う。しばらくしてREXが尻尾をフリフリして来た所で「REX~~、いい子ね~」とナデナデ。

午後は近所のかかりつけの獣医さんへ行く。12月に飲ませなかったフィラリアの薬の件と前立腺肥大、そしてトリミングの相談があったから。
体重測定は6.1kg。手術後から変わっていない。けれど久しぶりにREXを計った先生は「ずいぶん痩せたね」と驚いていた。そして前立腺肥大の状態をゴム手袋をした指をREXの肛門から入れ、直腸から触れる前立腺の大きさを確認する。約3cmくらいだけれど触っても痛みもないらしいので特に去勢を急ぐ事もなくいつでも都合のいい時でよいと言われる。夏場はあまりよくないと聞くのでその事も尋ねたらそれは昔の話で今は抗生剤も飲ませるのでその心配はないけれど梅雨時などの雨の多い時に散歩をして傷口に泥はねなどが触れるのはよくないと説明してくれた。トリミングは7日に予約。ずっとしていなかったシャンプーや足裏の処理など腰に負担がかからないようにしてくれるとの事でトリミング室も見学させてくれてトリマーさんからも詳しい説明を受けて安心した。

昨日今日と1日2回、短い散歩をするようになってハライセと思われる粗相がなくなり、タイルカーペットを洗う事がない。
もちろん散歩に出かける時は玄関の中でスワレ、マテで私が先にドアの外に出て、その後REXを呼び、抱いてエレベーターで降りる。帰ってきた時も玄関の外でREXを下ろし私が先に入ってからREXを入れるようにしている。
以前はこのへんも曖昧でやったりやらなかったりだったのよね(^^;;

散歩後のガゥは多少多かったけれどそれでも今日くらいならまずまずというくらい良いREXだと思う。
ただこれは何が功を奏しているのかがわからない。お香?バッチ?主人が出勤していないせい?悪いREXの時の無視が効果的?
まぁ、どれでもいいから明日もこの感じで頑張ろう!

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どうしたら・・・

フードの後や散歩の後など自分の欲求が満たされるとガゥるREX。そのまま無視したらREXに負けた事を認めるようで年末からは悪い行動の時に「いけない」を言い続けてきた。けれど本当にこれでいいのだろうか?と悩む。
お香を焚いて気分を落ち着けようとした。バッチフラワーレメディの『ミムラス』『ホーンビーム』『ホリー』を2,3滴、飲み水に入れた。そして夜、このサイトに出会った。『心理学にもとづく犬のしつけ総合サイト』(http://www.dogparty.net/index.html)
これはとても参考になって何故今まで目にした事がなかったのか?とさえ思った。すんなりREXの例があるわけではないから解決の道として何が一番かどうかはすぐにはわからないけれど、REXに対抗して「いけない」を繰り返すのはやめて、悪いREXの時に吠えたり唸ったりしたら相手にしない、良いREXの時はたくさん遊んだり撫でたりしてあげればどういう行動がREX自身嬉しい状態なのかを考えられていいのかもしれないと家族で話し合った。私達の言葉が通じればこんなにお互いストレスを感じる事もないのに。
ただ何日か前に読んだ『ボー君がやってきた』(http://www.corgi.gr.jp/bow/index.html)は引き取ったコーギーとの大変な日々を綴ったサイトなのだけどまさに壮絶なまでの毎日でとても私達が悩んでいるなんて言うのはおこがましいと思えるほどある意味勇気をもらったHPだった。
良いREXの時間がどんどん増えるといいな~
主人に「窓をあけるようになるまでに治るかな?」と聞いた。何故なら集合住宅だから毎日こんな状態ではご近所に迷惑だから。手術前は吠えるなんて来客時のチャイムの時くらいだったから特に問題もなかった。だから今の状態のまま暖かい季節を迎えたくない。主人は「大丈夫だろ。そんな気がする」と。そうであってほしいな。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005年の始まり

新年あけましておめでとうございます~(^^)
今年はきっといい年になると信じている私です。
だって去年よりひどい年なんてありえないもん(笑)
でもそう言いながらも元旦からREXの反抗的態度にどう対処していいものか困り果てていました。
ニコニコ尻尾振りながら人の後についてくるのは食事の時間の前だけ。
満腹になった後は常にガゥっている。そばを人が通るだけで威嚇して吠える。
何故そんなにイライラしているのかワケがわからない。
無視することでは解決できないと判断し、「いけない」と言いながら吠えるのをやめるまで待つ。服従訓練も気をつけてしっかりするようにしている。
それでも今日もガゥの反抗は続く。
午後、気分転換になるかと術後初めて散歩に出てみようか?と提案。
娘がカメラマンになってついて来た。地面に下ろすなり嬉しくて跳ねる様に進むREX。加減しながら「あと!」と言いながら付け歩きをするようにする。
それでも久しぶりの外はワクワクしたんだと思う。
後ろ足はまだ不安定で背中は寒々していたけれどきっとREXは気分転換になったと思う。150mほど歩いて疲れて座り込んでしまい、少し休んで家に戻った。
夕方、また少しガゥっているREXを見ながら娘が泣き出す。どう対応していいのかわからないと言う。家族がそばを通っただけで吠える、唸るというのはどんな心境なのか? 私には怖い何かがあるんだと思えた。だから静かな声で「いけない」を繰り返し落ち着いてREXからこちらに歩み寄ったら褒めてあげる方法にしたらどうだろうか? 本当に試行錯誤。けれどその後この方法は少し効果を見せる。
怖い思い(手術)をしたり、散歩に行かれないストレス、REXの心の中は私達にははかりしれない。優しく接する、けれど服従訓練も怠らないようにする、今はこんな事くらいしか思いつかない。


| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大晦日

111_1.jpg

あと数時間で今年も終わる。REXは眠くて今はもう丸くなって寝ている。
背中の毛もずいぶんと生えてきている。
後半は椎間板ヘルニアと言う病気で一時はどうなってしまうのか
とても不安な日々を過ごしたが少しずつ回復し前向きな気持ちで新しい年を迎えられそう。
たくさんのお友達に励ましてもらいその暖かさが身にしみてある意味
それに気づく幸せな年だったのかもしれない。
どんな姿になっても命があればいいのではないか?そんな風に感じた年でもあった。
健康に過ごせるのが一番だけどね。
来年はこんな年になったらいいな?なんて事は考えず、前から向かってくる出来事に
うまく対処しながら過ごしていこう。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抱っこ

留守中のREXの様子はとてもいい子だったよう。
私が帰宅してからもずっとそばから離れなくて可愛いかった。
夜、テレビを見る時は抱っこしてあげて腕の中で眠るようになる。
昨夜もこれをしてあげて精神的に落ち着いているのか?
少しの時間もスキンシップは大切なり。
後ろ足の筋肉がついてきた証拠にウンチポーズができるようになっている。
後ろ足に力が入らなかった時は垂れ流し状態だった。
考えてみればトイレトレーニングのやり直しを1才過ぎてからキチンとやっておいて良かった。
こんな風に椎間板ヘルニアになり外でしかすることができなかったら本当に困ったと思う。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お布団

109_1.jpg

年末になってきたらやっぱり冬は冬。寒くなってきた。
REXは洋服着ているけれど、寝ている時も寒そうなので
古くなったひざ掛けをREX用にしてかけてあげた。
ますます人間化?

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5才の誕生日

108_1.jpg

今日はREXの誕生日。1年で1番楽しく思い出にのこる日。
人間様の誕生日より12/24が盛大だって何だか変かな?
いろいろとあった今年。でも順調にREXは回復し5才になりました。
こうしてまだ不自由な足だけど笑顔で誕生日を迎える事が出来てよかったです。
いつもの誕生日と違っていた事はグラウンドに遊びに行かれなかった事。
REXの好きな芝生の上で走るのが毎年恒例の誕生日の過ごし方。これも今年は仕方ないです。
来年はきっと・・・
そしてここ数年REXのお祝いケーキは娘が作ってくれます。
今年はフルーツのケーキ。REXは上のフルーツだけ少しもらいました。
それにしてもREX、今日が自分の誕生日だと知っていたのか?
それほど機嫌のいい日でした。
終始ガゥることなく可愛いダックスでした(笑)
はしゃぎすぎてちょっと足をひねったのか、「キャン!」なんて鳴く事もありヒヤッとしましたが
今はすっかり疲れて寝ています。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サークル撤去

107_1.jpg

4畳ほどの広さのサークルの中にトイレシートを敷き詰めていたけれど今日サークルは撤去。
リビングにトイレシート6枚程残しREXは家の中を自由に行動できるように。
以前のトイレの場所の廊下にも少し広めにトイレシートを置く。
REXはこの廊下のトイレを前から利用していた。
失敗もしないので以前の生活スタイルに戻す。
ただシートの枚数を多くするのは後ろ足がまだしっかりしていなくて
オシッコで濡れてしまって引きずる事があるから。
午後、娘が泡のドライシャンプーでREXの全身を綺麗にしてくれたのでサラサラの毛になる。
REXは一足早くサンタ帽子をかぶってクリスマス気分に。
この帽子は以前お友達からもらったプレゼント(^^)


| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「トイレオシッコ」は?

散歩にも出られないので昼間は寝てばかり。朝起きてもトイレは綺麗なまま。
それっきりお昼近くまでしないことも。
だから今日は「REX、トイレオシッコは?」と声かけてみた。
すると思い出したようにシートでオシッコ。
今日はこういう事が2回あった。
見られているとしなかったREXも今はそんな気もないみたい。
声かけでいつもできるようになればいいな(^^)

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カイカイができた

昨夜はREXの方からリハビリを催促(笑)ミカン欲しさとわかってはいてもあんなにリハビリを嫌がっていたのに可笑しい。
効果もメキメキ出ている感じで夕方は廊下を走っていた。走ると言っても気持ちだけが前にいっていて数歩走ると後は後ろ足が絡まってしまうようなものですが。
そして夜、今まで麻痺していて出来なかった後ろ足での痒い所をカイカイする動作が見られた。右足でのカイカイだったけれど考えてみればよく犬のするこの動作さえ出来ずにいた。これもリハビリの効果だと思う。
この間の獣医さんで測った体重は6.1kg。手術前は7kg前後だったのでREXは本当に細くなった。後ろ足にもっと筋肉がついてくればもう少し増えるのだろうか?でも以前だって太っていたわけじゃないし、ただ今後の事も考えるとあまり体重は増やさないに越したことはないかな?

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒い日

104_1.jpg

朝から曇っていてもの凄く寒い一日。
今年は暖かかったので暖房いらずだったのに今日はさすがに少し部屋を暖める。REXも震えてはいないけれど寒いかな?と思ったので何か洋服になるものがないかな?と探す。
そしたらあったぁ~!!REX1才の誕生日に私が作ったフリースのコート。コートと言っても背中だけだからオシッコした後も汚れる心配がない。
リハビリ、平日は主人ができないので娘とやった。みかんの効果は絶大。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リハビリ

103_1.jpg

昨日に引き続きみかんでリハビリを実行。昨日より力も入るようになっていると主人が言う。人間相手なら「これをしないと良くならないよ」と納得してやってもらうことができるけれど、REXにはそれが通じないからみかんも致し方ないかな。
昨日院長先生にシャンプーの事も聞いた。トリミングは2人かがりでやってもらえる所ならいいけれどとの返事。足裏の毛も爪も伸びているし、椎間板ヘルニアの診断をした近所の獣医さんのトリマーさんは動物看護士の資格もあるらしいので電話で問い合わせてみよう。でもまだ無理はしない方がいいかな?
この間購入した泡の出る濡らさなくてもできるシャンプーを買ったのでとりあえず私がそれで綺麗にしてあげた方がいいかもしれない。

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

獣医さんへ

手術後約1ヶ月。獣医さんへREXの回復ぶりを診せに行った。
レントゲンを胴の横からと上からの2枚撮り、手術前に撮ったレントゲンと比べて異常がないかを調べてもらう。レントゲンに異常はなく院長先生も手術に関しては完全なものだったので後はリハビリで回復させるのみと言われる。
私としては毎日少しずつでもREXが回復しているので安堵していたけれど、
院長先生はREXの回復ぶりにちょっとガッカリだったみたい。
それはリハビリが院長先生に最初に指導していただいたように出来ていないゆえにREXのももの筋肉のつき方が少なすぎるし、手術前のREXの麻痺の様子からするともっと今の段階で歩けるような状態でもおかしくないとの指摘だった。確かに後ろに回って教えられたように腰を持っての屈伸運動はREXが痛がって嫌がっていたため寝転がっての足の屈伸とマッサージしかしていなかった。REXが立って自分の体重をかけてするリハビリとは回復力に違いが出る。今日これでこの病院に定期的に訪れる事はなくなった。けれどもし今後何か痛みなど困ったことがあればいつでも相談してくださいと言われる。今後、REXが嫌がらずにリハビリしてくれるように考えなければREXの歩けるようになるまでの時間がかかってしまう。
帰宅後、最近たまにあげているみかんをご褒美に使ってのリハビリを実行することにした。テーブルの上に滑らないようにマットを敷き、その上に乗せてみかんを見せながら主人が腰を持ち私が胸を支えてやってみる。REXは大好きなみかんを食べたくてリハビリされている事などわかっていない。合間合間にみかんを一房ずつあげリハビリ=みかんが食べられると思わせた。これは大成功!みかんは1回のリハビリで4房くらい。これでどんどん歩けるようになるスピードも増していくかな?

| 1度目椎間板ヘルニア手術(4才) | 13:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT